スポーツ

「中田翔は特別待遇。普通はクビだ」野球記者が語る球界の暴力と不祥事処理

中田翔の移籍はVIP待遇か

暴力

写真はイメージ

 中田翔選手が日本ハムから巨人に移籍して1か月が経った。同僚への暴力行為から無期限出場停止となり、その9日後に巨人への無償トレードが発表。日本中で賛否両論の意見が飛び交うなか、移籍2日後には先発出場し、移籍後初本塁打を放つ活躍をみせた。しかしその後は打撃が1割台に低迷。9月11日に登録を抹消され、現在は2軍での調整が続いている。  新天地で再起を図った中田選手は、今のところ躍動できていない状態である。しかし、そもそも事件を起こして事実上の解雇となった選手が他球団でプレーできていること自体、かなりのVIP待遇であるとプロ野球関係者は口を揃える。スポーツ紙の野球担当記者に聞いた。 「ドラフト1位入団、日本代表の4番を任されたことのある大物だからこそ、問題を起こしても他球団、それも巨人への移籍ができた。これはもう、破格の待遇だよ。並の選手なら解雇となっていた可能性も高いだろう」

不祥事を起こして消えてゆく選手

 この記者によれば、不祥事が表沙汰にならずファンにも記者に気づかれず、人知れず消えるように球界を去っていく者は珍しくないという。 「成績を残せなきゃクビになるのは、この世界の鉄則。だけど、それ以外の理由でユニフォームを脱ぐケースは意外に多い。私がこれまで見てきた中で実際にあったケースは、後輩を指導と称して殴ったり、同僚や先輩の財布からカネを盗んだりした素行不良タイプだけじゃない。  何度指導しても朝起きられなくて練習にいつも遅刻したり、時間を守れなくて解雇されたのもいたし、プロの生活に馴染めなくてノイローゼになり、親が球団に『もうウチの息子は無理だからヤメさせてくれ』って駆け込んできたのもいた」
次のページ
ある球団で起きた窃盗事件
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事