スポーツ

かわいい女子が大活躍! 東京五輪でメダルも確実なボルダリングの魅力

~今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪 第43回~

前回の話…スポーツ好きブロガーのフモフモ編集長が、東京五輪でチケットが買えそうな穴場競技探訪へと出かけました。今回のターゲットはボルダリング。新興の競技だし、競技者人口だってメジャースポーツに比べたら少ないから、穴場に違いない。しかし、会場は予想外の大観衆。メジャー企業がスポンサードする活気ある会場にフモフモ編集長の目論見は早々に崩れるのだった……


 ボルダリング競技はまず壁に突起物をつけるところから始まります。

 決まった形はなく、セッターと呼ばれるデザイナーが大会ごとに異なるレイアウトを考えて設置していきます。ひとつひとつのコースは「課題」と呼ばれ、さながらパズルゲームのように、どのルートでどうやって攻略していくかを考えるのも競技のうち。セッターとクライマーの知恵比べという側面もあるわけです。

 その壁は反り返っているうえに、突起物が少ない。クライミングのジムで見る壁は突起物だらけでどこにでもつかまれそうな感じですが、一流選手が挑む壁は「つけてる途中ですよね?」と思うくらいに突起物が少ない。知恵比べというか、これ本当に登れるのだろうか。登れるにしても攻略ルートはひとつしかないんじゃないの。そんな壁ができあがっていきます。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1306910

かわいい女子が大活躍で東京五輪でメダルも確実なボルダリングの魅力

セッターの指示に従い壁に突起物を設置中……

かわいい女子が大活躍で東京五輪でメダルも確実なボルダリングの魅力

横から見ると傾斜きつっ! まったく登れる気がしない

 この壁もまたプロっぽい。

 ボルダリングはひとりの選手が4つ程度の課題に挑み、いくつ完登できたかで勝負を競います。

 制限時間内であれば各課題には何度トライしてもOKですが、トライした数が少ないほうが上位になりますので、なるべくなら一発で登れるほうがいいわけです。

 さらに完登した回数だけでは決着がつかない事態に備え、中間地点にはボーナスポイントが設置されています。そこまで到達すれば完登せずともボーナスポイントが得られ、完登数で並んだときにはボーナスポイントの数で順位付けをしていく仕組み。こちらも少ないトライ数で獲得したほうが上位になります。

 なので、理想としては

「1回目のトライでボーナスを獲得しつつ完登する」

という形を目指すことになり、観衆の視線もボーナスポイントやゴール地点へと注がれることになります。

 視線が注がれるならば広告を出したくなるのがプロの興行師ということで……

 重要地点のまわりには広告がベッタベタ。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1305643

重要地点のまわりには広告がベッタベタ

ちなみに、有名選手は身体に広告を入れていたりも

 壁を見てからの判断力というのも勝負の要素だそうで、選手たちは壁の準備が整うまで別室に隔離され、どんな壁ができあがるのかは見せてもらえません。壁を見ることができるのは競技開始の直前、オブザベーションと呼ばれる下見の時間だけ。入場してきた選手たちが一斉に壁と向き合い、

「ほほぉ、今回はこんな感じか」

「コレどうやって登ります?」

「ここから跳んでここへ?」

といった検討会を繰り広げる姿はなかなか面白い光景です。

みんなで登り方を考え中……

次のページ 
しかし、いざ競技を開始すると…

1
2




おすすめ記事