恋愛・結婚

1枚2万円!? ブルセラの使用済みパンティが大量生産されている裏側

 盗品や偽造品など、市場には多くのヤバい商品が出回っている。なかでもブルセラは’90年代に一世を風靡、’00年代に入ってからもネットを中心に根強い人気を誇っているだけに強引な販売法もある。

男性スタッフがアシスト、フォトショで修正


 オークションアプリなどでも、検索してみると使用済みの制服や下着は山ほどでてくるが、ほとんどのサイトでは衣類を出品するにはクリーニングの義務があるだけに、ヤバさは控えめだ。

写真はイメージです

 そんななか、特に人気があるとされる臭い付きのものや、生理中に履いたものを「大量生産している」と語るのは、関西で風俗店を経営するK氏だ。

「実際に女のコに履かせて、それを販売してるんだけど、効率が悪いんだよね。オリモノって人によって全然違うし。お店に出るコに2日連続で穿かせたりしてたけど、それでも時間がかかる。だから、今は待ち時間にパンティを穿かせてオナニーをさせてるんだよ。電マで上からグイグイやらせれば、うまい具合に濡れるから」

 実際に使用させているだけ、良心的とも言えなくはないが……。こうして“作られた”下着はネットの出会い系チャットで販売されるという。しかし、流れ作業になってしまえば気持ちもノらないもの。恥ずかしいというコもいるため、男性スタッフが背中を押すこともあるのだとか。

「乳首が感じるコなら、乳首を指ではじきながら、パンティの筋をスリスリ。ガンガン指でピストンして、べちゃべちゃにしてるよ。普段、エラそうに話す女も、ヒーヒーいわしてる。ただ、女のコの体質もあるから、結構大変なんだよね」

 時は金なり、女のコも小遣いになるとはいえ、色気もエロスもあったものではない。

「ただ、このまま販売したらダメ。フォトショで微妙に色づけして、より汚れた感じにすると高く売れる。常連客がつけば、1枚2万~3万円で売れるよ」

 ここまでくるともはや職人技だ。マン・パワーとテクノロジーを駆使して、大量に生み出されるブルセラ。ヤバい商品を買うヤバい客がいるかぎり、今後もその作り方は進化しそうだ。

<取材・文/林バウツキ泰人 加藤慶(スタジオKEIF)>





おすすめ記事