デジタル

スマホ画像と差をつけて「いいね!」ゲット 素人でもプロっぽい写真をデジタル一眼で撮る方法

 右を向いても左を向いても“フォトジェニック”が求められる昨今。スマホのカメラを使えば十分キレイな写真を撮れるが、それでもクオリティではデジタル一眼にはまだ及ばない。うまく使えばアプリのフィルター機能に頼ることなく、周りと差をつけることもできるだろう。ということで、今回は10万円以下で手に入るオススメの逸品をプロのカメラマン、八尋研吾氏に選んでもらった!

コンパクト&リーズナブルながら驚きの高性能を実現


ニコン/D5300 AF-P 18-55レンズキット

ニコン/D5300 AF-P 18-55レンズキット

 まずはニコンの「D5300 AF-P 18-55レンズキット」。

「画像解像度は約2416万画素。しかも、連写や動画撮影に有利なCMOSセンサー搭載です。高機能になると大きくなるイメージはありますが、これは小型で軽量、薄型なので気軽に持ち運べます」

ニコン/D5300 AF-P 18-55レンズキット

ニコン/D5300 AF-P 18-55レンズキット

ニコン/D5300 AF-P 18-55レンズキットで撮影

2416万画素の高画質ならではのキメ細やかな描写が特徴。撮った画像や動画に位置情報をつけられる

【ニコン/D5300 AF-P 18-55レンズキット】
光の少ない場所でもノイズを抑えた美しい写真の撮影ができる。画像処理エンジン「EXPEED 4」によって、“見たままの色”を忠実に再現

実勢価格:6万1790円
寸法:約125×98×76mm
重量:約530g
画像解像度:2416万画素

次のページ 
デザインも使いやすさも両立の逸品

1
2
3





おすすめ記事