カーライフ

ミニバンをやめたマツダの3列シート車CX-8でボートをけん引してみた



ボートをけん引!

ボートをけん引!

 運転したのはマツダの新型SUV、CX-8。けん引したのはモーターボートです。ほら、メチャメチャカネ持ちっぽく見えるし、すっごくモテそうでしょ!? 「カネ持ちっぽくてモテそう」。これこそクルマにとって最も重要な資質だと再確認させていただきました。こうしてボートを引っ張ることによって、CX-8も輝いて見えますよネ!

 何かをけん引するなら、セダンやワゴンより、CX-8のような大型SUVが似合います。逆に似合わないのはミニバンや軽でしょう。

 ミニバンがボートをけん引しちゃいけないわけじゃないですが、どこか貧乏くさい感じがするし、軽がボートをけん引してる姿を想像すると、ミスマッチすぎて笑っちゃいます。

 実を申しますと、ミニバンも軽も、マツダが開発から撤退した分野なのです。どっちも日本国内では大変な売れ筋ですが、国内生産車のほとんどを輸出しているマツダとしては、グローバル商品に開発資源を集中する必要があり、国内でしか売れないミニバンや軽は、新規開発を中止せざるを得なかったのです。

 ただ、国内では多人数乗車の需要は高い。そこで今回新たに投入されたのが、3列シートを持ち、最大7人乗れる大型SUVのCX-8というわけなのです。これをミニバン替わりにしてください!と。

全長は4900mm

CX-8は2.2リッター・ディーゼルエンジンのみで、XDグレードの2WDが319万6800円。全幅はCX-5と同じ1840mmですが、全長は355mm長い4900mm。ちなみにCX-5のXDグレードの2WDは280万8000円。価格差は約40万円でございます

 実はこれでも、北米を中心に販売されているCX-9よりは全長も全幅もコンパクト。パッと見、CX-5とまったく見分けもつきませんが、微妙なデカさの差は確実にゴージャス感の差として感じられ、ゴージャスなモノをけん引する姿が様になっております。

 3列目も、一応大人が座れる広さが確保されております。実際座って見ると、前方視界がいいぶん、2列目よりカイテキにすら感じました。

パンツ丸見えの危険性あり

3列目は身長170cmぐらいまでの人が対象(上の写真は6人乗り用)。170cm以上の人は頭が天井に当たります。小柄な女性や子供向けでしょうか。また乗り降りする際、スカートの女性は注意を。丈が短いとパンツ丸見えの危険性ありです(検証済み)

 エンジンは、マツダ自慢のクリーンディーゼル。190馬力のパワーで、モーターボートもラクに引っ張ってくれたであります。

MAZDA CX-8 これで価格は約320万円から。ゴージャスなモノをけん引する姿が様になるクルマとしては、世界最安かもしれません。

 ちなみにけん引状態でバックする際は、通常とは逆にハンドルを切る必要があって慣れが必要ですし、日本では駐車場所にメチャメチャ困りますので、その点に留意されますようお願い申し上げます。

MAZDA CX-8

本当にCX-5とソックリのCX-8。「CX-5っぽい3列シートが欲しかった!」という人にはいいんでしょうが、ひと目でCX-8とわかるデザインにするってのはなしだったんでしょうか

【結論】
トレーラーハウスやモーターボートを庭に置ける欧米では、乗用車のサイズも依然として拡大中。そのせいで国内で売られるクルマもデカくなる一方なのは、狭いニッポンとしてはちょっと困ったものでございます。

1
2




おすすめ記事