雑学

専業主婦が子供を芸能事務所に入れるため借金45万円、人生初の消費者金融へ…

借金を巡る状況に変化が起きている。「カードローン」の人気が爆発、ネットで手続きが完結する借り方も浸透し、こっそり摘まむ人は後を絶たないのだ。しかし、いくらラクに借りられても、ハマれば待っているのは泥沼。ここでは、のっぴきならない理由で借金を背負った女のシリアスな日常を紹介する。

隠れ借金白書

子供を芸能事務所に入れるために借金

…夏木理穂さん(仮名・27歳・既婚・残債45万円)

 専業主婦が思わぬ動機で借金をつくるケースもある。都内在住の夏木理穂さん(仮名・27歳)は、1歳の息子を赤ちゃんモデルにするため、人生初の借金を抱えた。

「なんとなく無料の案内書を取り寄せてプロフィールを送ったら思わぬ好反応だったんです。CMオーディションへの参加と、モデル部への入学を薦められて」

 だが、夫に話をすると「どれだけ親バカなんだ。騙されてる」と即却下。夏木さんも一度は諦めたものの、その事務所には有名子役が所属していることもあり、一概に騙されているとは思えなかった。

「現実に息子が活躍するようになれば、結果オーライだな、と」

 とはいえ、入学時には入学金30万円、それ以外にも宣材写真の撮影料やタレント名鑑への掲載料、さらに月謝など約50万円がかかる。

 夫からの生活費だけでは賄えず、消費者金融から借金をした。

「初めての借金で思いのほか緊張しましたが、難なく50万円を借りられましたね。ただ、初めての借金だったので何げなく振り込みキャッシングをしたところ、明細が家に送られてきてしまった。郵便物が届く時刻に夫がいることはないのですが、それ以降はなるべく買い物ついでに自宅から離れた無人契約機に足を運んでいます」

次のページ 
婚約指輪の質入れを本気で考えている

1
2




おすすめ記事