雑学

ビーチでモテモテのにゃんこまで!? 世界の街角ネコ写真に癒される「岩合光昭の世界ネコ歩き2」

 空前のネコブームとなって久しい。一般社団法人ペットフード協会の発表によると、2017年10月の時点で、全国の犬の飼育頭数は約892万匹。一方で猫の飼育頭数は約952万6000匹と推計されるそうだ。犬は2013年より減少、猫は横ばいの傾向にあるが、犬を上回ったという。まだまだそのブームに終わりは見えない。実際にSNSでもその人気ぶりが見て取れる。TwitterやInstagramをはじめ、ハッシュタグをつけて「#ネコ」「#猫」「#cat」などと検索すれば、ネコ好きたちにとって眼福な写真がアップされ続けている。

 飼っているひとはもちろんだが、その可愛らしい姿を眺めているだけでもじゅうぶんに癒されることは言うまでもない。街を歩けばネコカフェ。テレビやインターネット、写真集やグッズなど、ネコにまつわるコンテンツが生み出す経済効果から“ネコノミクス”という言葉まで誕生。もはやネコのいない生活は考えられない……というひとも少なくないはずだ。それは、日本に限った話ではない。

岩合光昭の世界ネコ歩き2

その土地のネコはその土地の人間に似る


 2012年からネコファンを魅了してきたNHK BS プレミアムの人気番組『岩合光昭の世界ネコ歩き』。同番組の写真展は、2015年から全国で巡回が始まり、累計来場者数65万人を突破した。

 動物写真家の岩合光昭氏が世界中の街角を歩きつつ撮影したネコたちの表情や姿はどれも個性的だ。その第2弾が5月2日(水)~14日(月)、日本橋三越本店で開催されるというのだ。イベントを主催する株式会社クレヴィスがこう意気込む。

「岩合光昭さんの写真展のなかでも特に人気を誇る『岩合光昭の世界ネコ歩き』の第2弾ということで皆さんの期待度も高いと思います。本展は前作以上に皆さんにお楽しみ頂けるよう岩合さん、そして制作に関わるスタッフ一同、前作以上にお楽しみ頂けるよう奮起して制作に臨んできました」

 果たして、その魅力とはなんなのか。日本のネコとの違いはあるのだろうか。

「もちろん、あります。日本と海外という枠組みだけでなく、ヨーロッパの中でも本展で収録されているイングランドやスコットランド、スペインでもネコたちの表情は様々です。またその地域のネコを通して人の暮らしぶりが見えてくる。本展では岩合光昭さんが撮影した写真を通して、各地域で暮らすネコたち、そしてそこでの人の暮らしぶりもお楽しみ頂けると思っております」

次のページ 
フリークの心を掴んで離さない写真をチラ見せ

1
2

●写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き2」
会期:2018年5月2日(水)〜14日(月)
会場:日本橋三越本店 本館7階催物会場
※開催にあわせ、同タイトルの写真集も5月上旬に刊行予定




おすすめ記事