エンタメ

SKE48「卒業式はありません」 4年ぶり単独コンサートで宣言

 斉藤真木子によるコールアンドレスポンスで、再び士気が高まった場内。MC明けは、“かわいい”“かっこいい”“元気”と、色の異なるユニット各2組によるパフォーマンスがあった。江籠裕奈、小畑優奈らかわいい組が柔らかな笑顔とダンスで観客をメロメロにしたかと思えば、古畑奈和、珠理奈らかっこいい組がクールなダンスで痺れさせ、最後は後藤楽々、須田亜香里ら元気組が場内を活気づける――。楽曲と表現力で場内の空気をコロコロと変え、観客の心をつかんでいたSKE48 なかでも、珠理奈と斉藤が振り付けたという「Escape」は、ダンス自慢のメンバー(前述2人のほか、杉山愛佳、都築里佳、山内鈴蘭、北野瑠華、日高優月)で構成され、躍動! 冒頭の珠理奈によるソロから、ムダのないキレキレダンスで釘付けにしていた。  また続く「Gonna Jump」は、センター・後藤の代名詞とも言える元気ソング。イントロ中の「行くぞー!!」という絶叫は大会場に響き渡り、観客を煽りに煽った。メンバー一人ひとりの活躍により、どんどん熱が上がっていく場内。客席のサイリウムが一層力強く揺れる。 SKE48 そして、MCで事前に行われていたSKE48テストの答え合わせが行われたのち、最新シングル「無意識の色」のカップリング曲を披露。「反射的スルー」「触らぬロマンス」「ぼっちでスキップ」「Because どっちつかず」の4曲がMVの映像とともにパフォーマンスされた。ただし、「Because どっちつかず」は劇場盤収録曲のためMVはなし。これまでステージ後方を彩っていた映像が急に消えてしまい、谷真理佳は大慌て。一旦曲を止め、「MVの代わりにステージの映像を流してください!」と土下座し、ようやくパフォーマンスに移るというドタバタ劇を繰り広げた。  ユニット名はコサンガー7。この一連は、“古参”メンバーが多い彼女たちだからこそできた芸なのかもしれない。 SKE48 そんな熟練のワザを見た後は、研究生による「夢の階段を上れ!」(「意外にマンゴー」カップリング)。「汗をかくしかないんだ」「ただ前に進むだけだ」という決意を歌でフレッシュに示した。さらに、ドラフト3期生の初ステージも注目ポイントに。「青空片想い」を初々しくも元気に披露し、観客から大きな拍手を受けていた。  その後はチーム曲メドレー。クールなチームS、元気なチームKⅡ、キュートなチームEと各チームの持ち味を一層光らせるパフォーマンスで観客を高揚させた。柔軟な魅せ方で、SKE48を表現するメンバーたち。この日会場に来ていたファン予備軍も、きっとここまででSKE48イズムが心に刻まれたはずだ。その後のMCでは、進行の北野から「入学したファンのみなさんは、ずっと“留年”しててほしい!」という声もあった。 SKE48 そこで「ずっと留年していてもらうためルールを明確にしよう!」と代表メンバーによる“校則”の発表も。「箱押しを盾にしていろんなメンバーのレーンに行ってはいけない」(江籠)、「物販に水野がいても絶対に避けないこと」(水野愛理)、「人と話すときはきちんと目を見て話しましょう」(荒井優希)、「SKE48メールをむやみにサイトにアップしてはいけない」(日高)、「サカエファンたるもの人として最低限の清潔感を保つこと」(松村香織)と順に読み上げ、ファンに呼びかけた。江籠は「Tシャツ重ね着してるのとか、バレてるから!」と笑わせつつ、「箱推しも嬉しいんだけど、やっぱり一推しだといいなって」とポツリ。ファンの胸にはどのくらい響いただろうか?
次のページ right-delta
4年前のSSA単独公演の“続き”
1
2
3
4
SKE48の10乗

SKE48の10年の活動記録や撮り下ろしページ満載の一冊。こちらは松井珠理奈表紙バージョンです



SKE48の10乗 (須田亜香里表紙バージョン)

須田亜香里表紙バージョン

テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白