スポーツ

「自然と三沢さんの技に似てしまう」幼少期に抱いた三沢光晴への憧れ――小橋建太の青春おすそわけ#22<清宮海斗vol.2>

 2017年12月22日、遠征先のカナダから帰国した清宮海斗が後楽園ホールのリングに姿を現すと、会場は静まりかえった。風貌がまるで別人だったからだ。茶髪のスタイリッシュな髪型、一回り大きくなった肉体……。しかし変わったのは見た目だけではなかった。翌1月、拳王が持つGHCヘビー級のベルトに挑戦。そこで繰り出された新技の数々に、ノアの明るい未来を見出したファンも多いだろう。

 小橋建太もまた、プロレスリング・ノアOBとして彼に大きな期待を寄せている。小橋はいまの清宮をどう見ているのか? 清宮が今後、歩むべき道とは――?

――カナダではかなりの試合数をこなしたとか。

清宮海斗(以下、清宮):はい、21連戦したときもありました。いろんな団体を転々としましたね。

小橋建太(以下、小橋):何団体くらい?

清宮:10団体くらいですね。カナダは団体がすごく多いんですよ。メジャーな団体だと、Impact Wrestlingに出させてもらいました。昔のTNAですね。

小橋:カナダはプロレス、盛り上がってるでしょ?

清宮:すごいですね。アメリカと一緒です。アメリカの有名な選手がカナダで試合していたり。お客さんの盛り上がりも、海外特有の感じなんですよ。入場したときから出来上がっているみたいな。

小橋:試合はどうだった?

清宮:日本の場合は次々と攻められるんですけど、カナダの選手は攻めた後、「どうだ!」みたいにアピールするんですよ。お客さんを煽って、煽って、みたいな感じなので、僕はその間にこっそり休憩できて楽でした(笑)。でもやっぱり、お客さんを乗せるのは上手いですね。それを自分の力に変えるっていう。

――カナダでどんなことを学べましたか。

清宮:カナダに行ってから、周りが見えるようになりました。入場するときも、いい緊張感がありながらリラックスもできて。お客さんの顔も見られるようになりましたし、声援もよく聞こえるようになりました。

小橋:周りが見えるというのは大事。緊張しすぎて、いまだに見えない選手もいるだろうね。ノアの先輩でもいるだろ?

清宮:どうなんですかね(苦笑)。

小橋:清宮が海外に行くって聞いたとき、よかったなと思ったよ。俺は会社の事情で経験できなかったから、他の選手には経験してほしいなと思う。馬場さんは「アメリカに学ぶものはない」と言っていて、確かに技術的には日本が一番すごいと思うんだけど、煽ったり、間を取ったりというのは学ぶところが多いよね。間ってすごく大事なんだよ。攻めるときも守るときも。いろんな選手の間を勉強するという意味でも、清宮はよかったんじゃないかと思う。

清宮:いい経験をさせていただきました。

小橋:海外に行った選手には、勘違いはするなよと思う。帰国してランクがアップしても、全部自分の実力だと思うなよと。清宮は全然勘違いしていない。勘違いしてないよな?

清宮:それはわからないです(笑)。

小橋:言葉の節々に出るからね。清宮は勘違いもしていないし、謙虚にやっている。謙虚になる部分と、大胆になる部分、両方を持っていないとダメだからね。大胆にいくときは大胆にいかないとダメ。いま21歳だから、どんどん前に出ていくべきだよ。いま出なかったら、いつ出るんだよ。昔は年功序列というか、格というものがあったから、出る杭は打たれたりした。もちろんいまもあると思うよ。けど、打たれても沈まないように上がっていかないと。それも自分自身だからね。

次のページ 
三沢光晴に憧れてプロレスラーを目指した

1
2
3


■「プロレスリング・ノア」大会スケジュール
4月29日(日) 17:30 新潟市体育館
5月4日 (祝/金) 18:00 東京・後楽園ホール
※その他の日程は www.noah.co.jp をご覧ください。

■小橋建太完全プロデュース興行第5弾 『FortuneDream5』
http://www.fortune-kk.com/pages/20180611.htm
【開催日】2018年6月11日(月)
【開場時間】17時30分
【開始時間】18時30分
【会場】東京・後楽園ホール

■高山善廣選手応援「TAKAYAMANIA」の募金は小橋建太・FortuneKKでも受け付けております。
500円から募金を受け付けております。皆様からお寄せいただいたお気持ちは小橋建太が責任を持って全額高山選手にお渡しいたします。
https://tsuku2.jp/ec/viewDetail.php?itemCd=06950341210790




おすすめ記事