スポーツ

ブーイングを覚悟していた! ノア・清宮海斗、大変貌の真相――小橋建太の青春おすそわけ#21<清宮海斗vol.1>

 2017年12月22日、遠征先のカナダから帰国した清宮海斗が後楽園ホールのリングに姿を現すと、会場は静まりかえった。風貌がまるで別人だったからだ。茶髪のスタイリッシュな髪型、一回り大きくなった肉体……。しかし変わったのは見た目だけではなかった。翌1月、拳王が持つGHCヘビー級のベルトに挑戦。そこで繰り出された新技の数々に、ノアの明るい未来を見出したファンも多いだろう。

 小橋建太もまた、プロレスリング・ノアOBとして彼に大きな期待を寄せている。小橋はいまの清宮をどう見ているのか? 清宮が今後、歩むべき道とは――?

――カナダから帰国した清宮選手を見て、小橋さんはどう思われましたか。

小橋建太(以下、小橋):まず髪型が変わったよね。思わず、行く前の写真と帰ってきたときの写真を比較してTwitterにアップしちゃったよ。いまのほうが全然いい。

清宮海斗(以下、清宮):ありがとうございます! 自分の中で、大きく変化して帰国したいというのがありまして。力をつけるというのはもちろんなんですけど、見た目も変わって、新しい気持ちでまたスタートしたいと思ったんです。

小橋:すごくいいイメージチェンジだと思う。女性ファンも増えただろうし。

清宮:いえいえ(笑)。ブーイングもあるかなと思ったんですけど、すごく応援していただいたので、そこは変わらないでいてくれてよかったなと思いました。

小橋:どうしてブーイングがあると思ったの?

清宮:僕が後楽園に入ったとき、拳王さんがチャンピオンになった瞬間で会場が盛り上がっていたので、僕からしたらアウェイな感じだったんです。僕が入ったとき、お客さんが静かになってちょっと怖かったんですよ。

小橋:違うよ、変わり過ぎてだれだか分からなかったんだよ。けど、それを声援に変えるくらいインパクトがあったんだから、よかった。

――体つきや闘い方の変化はいかがですか?

小橋:カナダに行く前、「とにかくプロレスに集中しろ」という話はしたんだよね。それを守って、カナダで確実に邁進したんじゃないかな。思っていたより、帰ってきてからの飛躍が大きい。体つきとかパワーとか、成長しているなと思う。

清宮:ありがとうございます。力がついたというのは、自分でも思います。ヘビーの選手と闘っても、タックルで打ち負けなくなったり。相手を持ち上げるのにもいままで厳しかったのが、一気に持ち上がるようになったり。試合中に実感することは多いですね。

小橋:いま、何kg?

清宮:ちょうど100kgくらいです。カナダにいるときは105kgくらいまでいったんですけど、試合中に呼吸が荒くなってしまって。これだと自分が思った動きができないなと思って、少し絞りました。

小橋:そういうもんだよ。一気に増やして、落ちて、また増やして、落ちて。それでちょっとずつ、自分の適正体重が分かってくる。実戦でやってみないことには、なかなか掴めない。

清宮:ドロップキックを自分の中で大事に使っているので、その技がキレイに決まらなくなると、あまり自分の体をコントロールできていないんだなと思います。

次のページ 
ドロップキックを大事にしている理由は?

1
2
3


■「プロレスリング・ノア」大会スケジュール
4月29日(日) 17:30 新潟市体育館
5月4日 (祝/金) 18:00 東京・後楽園ホール
※その他の日程は www.noah.co.jp をご覧ください。

■小橋建太完全プロデュース興行第5弾 『FortuneDream5』
http://www.fortune-kk.com/pages/20180611.htm
【開催日】2018年6月11日(月)
【開場時間】17時30分
【開始時間】18時30分
【会場】東京・後楽園ホール

■高山善廣選手応援「TAKAYAMANIA」の募金は小橋建太・FortuneKKでも受け付けております。
500円から募金を受け付けております。皆様からお寄せいただいたお気持ちは小橋建太が責任を持って全額高山選手にお渡しいたします。
https://tsuku2.jp/ec/viewDetail.php?itemCd=06950341210790




おすすめ記事