恋愛・結婚

離婚、別れがきっかけで風俗嬢に戻る女たち 一度は足を洗ったのに…

たいていの男は、「素人娘」や「業界未経験」といったフレーズに否応なく心が躍ってしまうもの。だが、SPA!風俗担当の精鋭記者たちが調査したところ、哀しい現実が浮かび上がった。現在風俗店で働いている女性の約4割が、経験者採用。移籍や出戻り組なのだ。彼女たちは、いったいどんな心境で、再び風俗店の敷居をまたいだのだろうか。根掘り葉掘り事情を聞いてみた。

なぜ彼女は風俗嬢に戻ったのか?

離婚や別れによる喪失感を風俗に復帰して埋める


 離婚&彼氏との別れを理由に風俗に戻ってしまう女性は多い。

「看護師をしながらソープで働いていたときに客として来ていた男と付き合ってしまい、そのままやめたんです。結局、結婚までは至らなくて5年付き合った後に破局。看護師だけでも暮らせるんですが、職場は出会いもないし張り合いもないので去年、8年ぶりに復帰して週に1~2度、ゆる~く出勤しています」(美咲・37歳・ソープ)

 別れをきっかけに復帰するケースは多いという。風俗をやめた理由で最も多かったのが、実は「結婚&彼氏」である。愛する男のために……とやめたのに別れてしまった彼女たちにとって、破局による喪失感は大きい。こんなケースも……。

「あんたが結婚するまでは死ねないと田舎の母親から言われ続け、じゃあ風俗やめて婚活しようかなって思ってやめたんです。でも、婚活してもなかなかうまくいかない。パーティから出会い系までやって、そのとき働いてた昼間の会社でもいけそうな男には声をかけたんですが、結局ダメ。見事なまでにヤリ逃げされましたね(笑)。そうこうしてたら母親が急死してしまい、葬式が終わって四十九日の法要も済んだら、なんだかもう結婚なんていいやってなっちゃって……。翌月には昼間の仕事辞めて復帰しました」(チヒロ・29歳・デリヘル)

 意外なケースと思いきや、親との死別で風俗復帰を決めたケースも実は珍しくないようだ。

次のページ 
心の隙間を埋めようとしている?

1
2




おすすめ記事