雑学

生活保護の独身女性42歳、食費は週500円!の食パン生活術

 一向に上がらない給料、増え続ける税負担。フツーに生きていたってカネが貯まらない世知辛い世の中だからこそ、1円たりともムダ金は払いたくないもの。今回は年収300万円以下で生きる人々が実践する「ドケチ節約術」を徹底取材。血と汗と涙の末に生み出した節約術を学ぶべし!

ドケチ節約甲子園

食費は週500円!ほぼ食パンのみで生活

<高田美貴さん(仮名・42歳)年収138万円>

 昨年末に体調不良で仕事をやめて以来、月11万5000円の生活保護で生計を立てている高田美貴さん(仮名・42歳)。当然、あらゆる面で切り詰めた生活を余儀なくされているが、なかでも目を引くのが食費の低さ。なんと週500円以内に収めているという。何を食べて生きているのか!?

ドケチ節約甲子園

【スポーツドリンク1本150円×30本→月200円で約4300円の節約!】600円で買ったレモネードの素と塩を水で溶かした自作のジュースを外出時は持ち歩く。「熱中症対策として、毎日飲んでます!」

「主食は食パンです。20時以降にスーパーに行けば、消費期限が迫った10枚切りの食パンが100円以下で買えるので、それを1食につき2枚食べています。飽きないかですって? 1枚にはマヨネーズ、もう1枚にはピーナツバターを塗ると全然飽きずに食べ続けられるんですよね~」

ドケチ節約甲子園 ちなみに食事は一日2食。パンの枚数が少なくなる頃にはとうに消費期限は過ぎているが、「お腹を壊したことはないので多分大丈夫です!」とのこと。食パン以外に「月に1~2度、特売で3割引きになったときだけ買う」というシリアルと豆乳で最低限の栄養を補うよう意識しているという。

ドケチ節約甲子園

【食パン1斤約150円→約90円で約60円の節約!】値段を吟味する目がギラリと光る。この日買ったのは1週間分の食料だという10枚切り食パンとシリアルと豆乳。計460円

次のページ 
肉や魚を食べなくても体調はバッチリ

1
2





おすすめ記事