雑学

豊洲市場より築地場外市場を散歩したほうが1億倍いいと感じた理由

『週刊文春』によりますと、豊洲市場は「湿気がひどくてマグロにカビが生える」らしく、開場を目前にして、不安の声が高まったとか。それでも開場当日は大変な渋滞も発生(ニュースで見ただけですけど)。道路交通ジャーナリストとしては大変気になった。

豊洲市場

 しかし2日目には、渋滞も沈静化。その後、特に悪い話は聞こえてこない。

 実際のところはどうなのか? 『週刊文春』の記事はフェイクニュースだったのか? その一端でも肌で感じられるかもしれないと思い、豊洲市場見学に行ってみた。

午後の豊洲市場周辺の道路はガラガラでした


 市場見学は、本当は早朝に行くべきなのだが、モタモタしてるうちに午後になってしまった。どうもスイマセン。

 ゆりかもめの「市場前」駅で降りると、眼下の道路はガラガラ。交通渋滞のコの字もない。午後なのでアタリマエか。ちなみに、市場には見学者用の駐車場はないので注意。

 市場周辺の渋滞に関しては、早朝に関してもすでに解消しており、このうえ11月4日に環状2号線が暫定開通(旧築地市場内のみ、暫定の片側1車線)すれば、さらに状況はよくなるはず。問題はないだろう。

11月4日に環状2号線が暫定開通する

 豊洲市場の建物は、でっかい工場風。まずは、マグロのセリが見られる(早朝だけです)水産卸売場棟へ。手前にはすし店など食堂街があり、どの店も長蛇の列だ。渋滞が大嫌いな自分には地獄の光景に見えるが、多くの人々が嬉しそうに並んでいる。

 ただ、市場建物の内部は超絶無味乾燥。窓もない通路を挟んで、ダーッとお店が並んでいるだけなので、風情は皆無だ。どんだけうまいかわからないが(食べてません)、私なら近所の回転寿司に行く。

みなさん嬉しそうに並んでました

 食堂街を抜けて奥へ。空港の廊下のような無味乾燥な通路をズンズン進むと、マグロのセリが見られる(らしい)見学デッキに到着した。しかし午後にセリがあるはずもなく、完璧なもぬけのから。眼下に見える市場内部には人っ子1人いない。それをあえて見学に来た自分が哀れになる。

次のページ 
記念撮影ポイントはゆるキャラと偽マグロとターレ

1
2





おすすめ記事