エンタメ

ロンドンの演劇学校を卒業して18年…40歳前後になった同級生たちに切ない思い/鴻上尚史

― 連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ― c7d6eaa3a01bc245c306505d6698b1eb_s

冬のロンドンで疲労と寒さで頭がぐるんぐるん

 ロンドンに行ってきました。ロンドンは寒いです。もう冬です。  何が悲しくて、わざわざ、寒い場所に来たんだろうと、ちょっと後悔しています。  計画を立てた時は、10月だから、まだなんとかなるんじゃないかと思っていたのです。  ロンドンの寒さをなめていました。  寒い上に、ロンドンに行くからと日本でぐわっと仕事を片づけて、転がるように来たもんだから、疲労が一気に爆発しました。  今、この原稿を書きながら、頭がぐるんぐるんしてます。  ロンドンでぐるんぐるんするのは、三回目です。  昔、ロンドンに住んでいたプロデューサーから「日本で無理して仕事を終わらせるから、疲れ切ってロンドンに来る人が多いのよ。ロンドンに来て、そのまま寝込んだって人もいるし」と言われました。  たしかに、50メートル潜水みたいな気持ちで仕事を片づけて飛行機に飛び乗ることが多いです。  これで温かかったら、身体もホッとするんでしょうが、寒いですからねえ。  でもまあ、やっぱり、街を歩けばウキウキします。 「若者の旅離れ」なんてことも言われていますが、一人で行く旅は、旅立つまではおっくうなものだと感じます。  改札を通るまでや出発ゲートを通過するまでは、なんとなく、気持ちが重いのです。  でも、ゲートを通った瞬間からふっと身体が軽くなります。  自分でもびっくりするぐらい気持ちが変わるのです。  なんでしょうね、この変化。
次のページ 
俳優を続けている人の話は聞きたくないのかも
1
2
この世界はあなたが思うよりはるかに広い

本連載をまとめた「ドン・キホーテのピアス」第17巻。鴻上による、この国のゆるやかな、でも確実な変化の記録

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事