ライフ

コンビニ昼食、不健康メシはどっち? カップ麺+おにぎり vs 生姜焼き弁当+野菜サラダ

 健康な食事をしたくとも、忙しさからコンビニや外食に頼ってしまう。そんな現代人は少なくない。サラリーマンがコンビニや外食で選びがちな食事を、ケース別に比較。どっちが不健康メシかを専門家に診断してもらった。
カップ麺+おにぎり+ウーロン茶 VS 生姜焼き弁当+野菜サラダ+水

「カップ麺は、骨粗しょう症につながるリン酸塩をはじめ、添加物にも注意を」(垣田氏)

“ガッツリ主食”対決

カップ麺+おにぎり+ウーロン茶 VS 生姜焼き弁当+野菜サラダ+水  昼食時にコンビニでガツンと食べたい主食メニュー。「カップ麺+おにぎり+ウーロン茶」vs「生姜焼き弁当+野菜サラダ+水」の場合、明らかに前者が不健康そうな気もするが、総カロリー的には互角な両者はどちらに軍配が上がるのか? 「確実に前者のほうが不健康」と管理栄養士・浅野まみこ氏は熱弁する。 「カップ麺は炭水化物を油で揚げたもの。おにぎりも炭水化物。ウーロン茶はほぼ水。糖質だらけで、明らかに栄養が偏ります。さらに、食感がすべて均一で軟らかく、食後の満足度も下がるため、満腹感が得られにくい。一方、生姜焼き弁当はタンパク質、脂質、炭水化物は摂れますし、不足するビタミンや食物繊維は野菜サラダで補給できる。バランスがいいですよ」
カップ麺+おにぎり+ウーロン茶 VS 生姜焼き弁当+野菜サラダ+水

タンパク質が豊富な生姜焼き。「米や野菜の噛みごたえが違うので食感変化があることもいいです」(浅野氏)

 続いて、管理栄養士の川村郁子氏も「生姜焼き弁当+野菜サラダ」を推す。 「豚肉を食べると代謝に必要なビタミンB群が摂れるし、野菜サラダで風邪予防になるビタミンCも多少は摂れます。両者ともこれからの寒い季節には大切な栄養素」  だが、野菜サラダを食べる際に注意したいのが、ドレッシング。 「野菜を摂るのはいいですが、ドレッシングに間違いなく着色料などの添加物や、多量の塩分が含まれています。味つけはできるだけシンプルなものを選びましょう」(食品表示アドバイザー・垣田達哉氏)  一方、予想どおりとことん不健康メシに認定された「カップ麺+おにぎり+ウーロン茶」だが、城西大学教授の金本郁男氏からはこんな裏ワザが! 「どうしてもカップ麺を食べたいなら、ウーロン茶じゃなくて、せめて牛乳を。そうすれば牛乳で良質なタンパク質が摂れるので、血糖値の急上昇を軽減できます」 《不健康なのはコレ!》 不健康指数★★★★★ 糖質まみれの「カップ麺+おにぎり」は最悪。ウーロン茶も意味なし 【川村郁子氏】 管理栄養士。Ikofood代表。病院栄養士経験後、独立。栄養専門学校講師や栄養ライターとして「食いしん坊でも健康になるコツ」を発信 【金本郁男氏】 城西大学薬学部教授。28年間の病院薬剤師としての経験を生かし、食事療法の研究を行う。著書に『ゆるい低糖質ダイエット』(池田書店)など 【浅野まみこ氏】 管理栄養士。エビータ代表。企業での栄養管理やコンサルティングを行う。著書に『「コンビニ・外食」で健康になる方法』(草思社) 【垣田達哉氏】 食品表示アドバイザー。食品問題評論家。消費者問題研究所代表。著書に『選ぶならこっち!~食べて安心な食品の見分け方~』(WAVE出版) ― 不健康メシはどっち? ―
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事