雑学

おにぎりとパン、どっちが健康的?コンビニ食・外食での選び方10ケ条

野菜やカロリー計算では不十分。 不健康な食事とは?


 健康な食事をしたくとも、忙しさからコンビニや外食に頼ってしまう。そんな現代人は少なくない。実際、35~50歳の男性100人にアンケートを実施したところ、「食事をコンビニや外食で済ませますか?」という問いに対し、「よくある(13%)」「結構ある(23%)」「たまにある(43%)」との結果に。約8割の人がコンビニや外食を利用すると判明。さらに、そのうちの約7割の人が「コンビニ食や外食時のメニュー選びの際は、健康への影響を考えている」と回答した。

f990f85621b345228e86e455fe8e99f2_s《Q 食事をコンビニや外食で済ませることはありますか?》
よくある 13%
結構ある 23%
たまにある 43%
ほとんどない 21%

《Q コンビニや外食店で商品やメニューを選ぶ際、健康への影響を意識することはありますか?》
よくある 10%
結構ある 24%
たまにある 35%
ほとんどない 31%

《Q コンビニや外食店で商品やメニューを選ぶ際、健康面におけるどんな点を意識しますか?》
野菜を摂取する…40%
表示カロリー…34%
続けて同じものを食べない…30%
油っぽいものを食べない…23%
栄養をまんべんなく摂るようにする…21%
糖質の高さ…20%
添加物の種類…18%
GI値の高さ…10%
乳製品を摂取する…10%
ご飯を大盛りにしない…9%
味が薄いものを選ぶ…9%

 実際にすることとしては「野菜を摂取(40%)」「カロリーを意識(34%)」などが上位にきたが、管理栄養士の川村郁子氏はこう指摘する。

「選択としては間違ってませんが、低カロリーなものばかりだと栄養が足りなくなる。バランスも重要」(川村郁子氏)

 また、「血糖値コントロールが重要」と提言するのが、城西大学教授の金本郁男氏。

「糖質を摂取した際に血糖値が急上昇すると、インスリンが糖を脂肪として蓄積し、肥満や糖尿病などにつながります。健康を考えるならカロリーの小ささだけでなく、血糖値の上がりにくさが大切です」

 意外な落とし穴が食品表示だ。

「カロリーだけにこだわる必要はないです」(管理栄養士・浅野まみこ氏)

「現在、コンビニ弁当や外食に着色料など添加物の表示義務はないのです。野菜や低カロリー食材でも添加物まみれの可能性があります」(食品表示アドバイザー・垣田達哉氏)

 健康を意識しているつもりが、不健康な食事をしているかも!?

次のページ 
コンビニや外食で守るべき5か条

1
2





おすすめ記事