恋愛・結婚

セクハラ上司がフラれて号泣…イタすぎるブラック職場の社内恋愛事情

まさかの展開に発展

忘年会

写真はイメージです(以下同じ)

 下山さんの会社の忘年会はクリスマスの少し前に開催されたということもあり、プロデューサーの遠藤さんは息巻いていたという。 「忘年会で口説いて、イブからクリスマスにかけて絶対に一緒に過ごすと豪語していました。席順も、当然滝沢さんを隣に置いてガチマーク。ボディタッチもまあまあ酷くて、周りも『さすがにやり過ぎなのでは?』という感じになっていました」  遠藤さんの滝沢さんに対するセクハラが続く中、会も終盤に差し掛かる。会社のお偉いさんが『そろそろ2次会いくぞー!』と呼びかけると、反対サイドに座っていた一人の男性社員(当時28歳)がすっくと立ち上がったそう。 「彼が立ち上がり『みなさんに言わなければいけないことがあります』と語り始めました。何事かと思ったんですが、彼が『実は僕、結婚します!』と言ったんです。そして、『というか、既に入籍済みでーす!』と立ち上がったのはなんと滝沢さんでした。彼らが付き合っていたのはごく一部の人しか知らず、ほとんどの人が『まじかよ!』と驚いていましたが、会場は拍手喝采の祝福ムード。  でも、ただ一人顔面蒼白で固まっていたのは遠藤さんでした。そりゃあそうですよね。しかも相手が同じ会社の後輩。結婚を発表したその彼はディレクターなのですが、仕事が出来るタイプでもなく優しい感じの人。遠藤さんの度を越したセクハラに嫌悪感を抱いていた僕ですが、さすがにその時は同情しましたよ。というか、滝沢さんも婚約のことをちゃんと言ってあげれば良かったのにと思います。たぶらかすためにあえて言っていなかったのかは分かりませんが、もしそうならとんだ性悪女ですよね」  その後、「私たちはこれで失礼します」と言って帰った新婚2人。2次会の席で下山さんは、イケイケプロデューサーの醜態を目撃したという。

プロデューサーが号泣し、愚痴聞き担当に…

忘年会 「いつも調子こいた感じの遠藤さんが、泣いていたんです。それも、号泣レベルです。酒の力も手伝ってか、もう見栄も何もないような様子でした。当然、愚痴聞き役は部下である僕。『あのクソ男!』やら『尻軽女!』やら、まあただの悪口レベルの言葉をずっと浴びせられていました。一年を忘れるための会だったのに、その年で一番印象深い出来事になってしまいましたね」  今回登場した4人は、現在も同じ会社で働いているという。滝沢さん夫婦は仲睦まじい感じで、ラブラブな雰囲気を職場にも持ち込んでいるという。そして号泣プロデューサーの遠藤さんは、あれ以来彼女には近づいていないそう。 「職場では何の感情も出していない遠藤さんですが、酒の席でいまだに『あいつら早く離婚しやがれ』とか言って怒ってます。もういい加減忘れろよとは思いますが、それだけ彼女にご執心だったのでしょう。あと、遠藤さんが滝沢さんにあからさまなアタックをしながらも何も言ってこなかった結婚相手の余裕が、彼をさらにイラつかせるんでしょうね。3年も前のことを愚痴られ続ける僕の身にもなってもらいたいですが…」  確かに、昔の出来事をいまだに愚痴られる下山さんの状況は同情に値する。そして、過去にそんなことがありながらも同じ会社で働き続ける遠藤さんと滝沢さんもすごい。やはりブラックな職場環境で働き続けるには、それくらいの図太いメンタルが必要なのかもしれない。<取材・文/八潮ゆうき>
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事