雑学

“転職を決意した”悪夢の会社忘年会…酒はピッチャーで一気、全員とキス、骨折する人も  

 体育会系企業の飲み会は壮絶で、そのノリはまるで大学生のサークル並みだという話をよく耳にする。実際に、都内の広告代理店に勤めていた際に地獄の忘年会を経験したという高田沙紀さん(29歳・仮名)に話を聞いた。

一気飲みしかしない


地獄の忘年会

高田さん

 高田さんが勤めていた広告代理店は、平均年齢は27歳という若い会社。飲み会は普段から異常に多く、酒席でのやらかしネタには事欠かない。また会社自体が「飲みニケーション」を大切にしている環境で、“サシ飲み”や“チーム飲み”という言葉も使われていた。

「ほぼ毎日飲み会が行われているような環境で、私も入社当時は困惑していました。ただ、慣れてくれば『広告業界ってこんなもんなのかな…』と思うようになり、途中からはあまり気にしなくなりました。でも、さすがにあの忘年会は地獄で。それがきっかけで転職を決意したくらいです」

 飲み会が原因で会社を辞める。一体どのような忘年会だったのだろうか。

「最初は10名ほどの部署飲みだったのですが、3次会のカラオケでは他の部署の人や退職した先輩たちも合流し、15名ほどに増えていました。(男10:女5くらい)。みんな酒がまわり始めてか、一気飲みしかしなくなったんです。しかもすべてピッチャー。当然、ベロベロに酔っ払いますよね。

 一気飲みの後はコンビニでウォッカ瓶を購入。カラオケの飲み放題メニューであるエナジードリンクを注文し、セルフで割って飲みました。結局、15人で50本ほどのエナジードリンクを消費することに。当たり前ですが、その頃には参加者全員が酩酊に近い状態です」

 この話だけで既に地獄と感じてしまうが、当然これだけで終わらない。参加者全員が酔っ払った忘年会に、モラルなどは存在しないのである。

「酔うと甘えてエロくなる男性がいたのですが、ノリの良い女の子に抱き着いたのをきっかけに全員がハグしあい、女の子もノリノリでチューしたり、男性陣を全員並ばせて順番にホッペにチューしたり。と、だんだんとエロいムードに突入。ちなみに私は机に突っ伏して寝てるフリをしていましたが、怪しいムードになっている感じがすごく伝わってきました」

次のページ 
吐瀉物の上で爆睡、不倫がバレ、鼻を骨折する

1
2





おすすめ記事