ライフ

ハンバーガーチェーン「ドムドム」が反撃開始 店舗9割減でもコアなファンに支えられ

ドムドムハンバーガー海南店

親会社の事情に振り回され……

 ’70年2月に会社が設立され、日本で一番最初にハンバーガーショップを出店。かつてはマクドナルドがない地域にも「おらが街のハンバーガーショップ」として愛されてきたドムドムだが、最盛期の90年頃、400近くあった店舗が現在は31店舗に縮小するなど、そこには不遇の歴史があった。フードアクティビィストの松浦達也氏はその概要を以下のように語る。 「マクドナルドの日本誘致に熱心だったとされるダイエーの創業社長・中内功と、マクドナルドとの合弁協議が不調に終わりその代わりに、とドムドムを立ち上げたといわれています」  しかし80年にダイエーがウェンディーズとFC契約を締結。 「似た業態がグループ内にあることで規模縮小の憂き目にあい、その後もダイエーの経営不振による店舗閉鎖で閉店を余儀なくされるなど親会社の事情に振り回され続けてきたのでは」(松浦氏)

ドム連が自主制作。正面向きの「どむぞうくん」がかわいい

ドムドムを“食べ支える”団体も

 実はマクドナルドよりも開業が早く、日本初のハンバーガーチェーンでもあったりするドムドムを愛し、ネット上で広報活動をしたり、実生活でも「ドム活」と称した食べ支えを行っているのが「ドムドム連合協会」なる団体だ。メンバーのけんちん氏に話を聞いた。 「店舗を複数巡ればわかるのですが、メニューの違いや店舗レイアウトの違いなど、それぞれの店舗に個性がある。中でも和歌山県海南市にある海南FC店はまるで老舗の喫茶店にいるような雰囲気で、時間の流れがとてもゆるやかに感じられますね。同店に限らず、いい意味でのゆるさがドムドムの“居心地の良さ”を作り出していると思います」

とろ〜りもっちりアリゴチーズバーガー。マッシュポテトとチーズを練り上げたアリゴチーズソースがもっちり食感で後を引く。2月18日に発売されたばかりのおススメ新商品

ビッグドムトマチーズ。パティ2枚使用のボリューミーな王道バーガー。完熟トマトとフルーツで作るオリジナルトマトソースで、質量ともに大満足の一品

バターコーン。ハンバーガーにもう一品、というときに間違いない隠れ人気メニュー。甘みの強いコーンにバターのコクがプラスされたらもう止まらない

次のページ 
ドムドムといえば「変り種バーガー」がウリ
1
2





おすすめ記事