ライフ

発達障害の東大卒サラリーマン「東大には僕みたいな子が集まってた」

― 光武克の「発達障害BARにようこそ」第10回 ― 東京・渋谷にある発達障害バー「The BRATs(ブラッツ)」。ここは、マスター以下スタッフのほぼ全員が“発達障害の当事者”であるバーです。当店には毎晩、僕らと同じように発達障害の悩みを抱えたお客さんたちが数多くいらっしゃいます。そんな生きづらさを抱えた方たちが少しだけ羽を休めに立ち寄るバーの日常を、僕、マスターの光武克(みつたけ・すぐる)がご紹介します。 ==【発達障害とは?】== ■自分の世界に閉じこもりがちな「自閉症スペクトラム症」(ASD) ■注意欠陥と衝動性が強い「多動性注意欠陥障害」(ADHD) ■特定分野(計算だけ異常にできないなど)の理解が困難な「学習障害」(LD) 上記の3種類が一般的に知られている。発達障害者はそれぞれ複雑な“特性”を抱えそれによって日常生活において、さまざまな支障が出る人も多い。 =============

長袖を着れなかった学生時代

「やっほー、光武さん。遊びに来たよー」  そう言いながら、内田さんが笑顔で店に入ってきたのは、「夏の訪れを肌で感じることができるな」と感じさせる時期でした。不安定な天候に体調を崩しつつ、それでも仕事をこなさなければならない状況をしんどいなぁと感じる日は皆さんにも、もちろん僕にもありますが、内田さんがお店にいらっしゃるとそれだけで雰囲気が明るくなります。それだからでしょうか、ちょっと疲れた僕の心も、彼の笑顔につられて明るくなってきます。  国立大学の大学院を卒業後、現在はブランディングに関するコンサルタントとして活躍していらっしゃる内田さん。普段ブラッツにいらっしゃる際は、きちんとしたビジカジスタイルが多いのですが、今日はTシャツにサンダルとかなりラフな装いです。  おっ、しかもちょっと髪を切ったみたいですね。前髪はやや長めですが、横・後ろをすっきりとさせて、アシンメトリーにまとめた髪型がアラサーにも関わらず若々しい雰囲気を作り出しているようです。 光武「あっ、内田さん。お久しぶりですね。いつもよりカジュアルな装いですけど、お仕事はお休みだったんですか?」 内田「そうなんだよ。先週働きすぎちゃったから、今週は休みをもらったんだよ。さすがに働きすぎると僕はバランス崩しちゃうからね」 光武「内田さんはバランス感覚ありますよね。そういうところ本当にうらやましいです。僕はご存じの通り不器用ですからね。仕事モードに入るとずっと仕事しちゃいますし、いつまでたってもこのスイッチを切るのが苦手なんで、だいたい体力がゼロになって強制終了するまで働いちゃうんですよね。そういう時は、猫が癒しをくれるんですけどね。あっ、とりあえず何か飲まれますよね?」 内田「あっ、注文してなかったね。そうだな、今日はジャックダニエルをコーラで割ってもらえる?」 光武「ジャックコークですね。かしこまりました」  ジャックコークを口に、内田さんが語り始めます。
光武克

写真はイメージです

内田「そういえばさ、光武さんって学生時代どんな感じだったの?」 光武「う~ん、そうだなぁ。やっぱり破天荒だって言われていましたね(笑)」 内田「あ~僕もだよ。やっぱり面白いエピソードみんな持ってるよね」 光武「そうですね、あっ、僕特定の布に対して強いこだわりがあるんですよ。感触的に許せる毛布と許せない毛布があって、好きな毛布じゃないと眠れないです。肌の感覚は凄く敏感で、小学生の頃は本当にひどかったです。マフラー・靴下みたいにちょっとでも肌に食い込む感覚が一切許容できなくて、冬でも素足というね。長袖も小学校4年生くらいまで着れなかったです。ずっとランニングでした。  あと、そのランニングにも強いこだわりがあって、ボロボロじゃないと嫌なんです。新品の感覚は落ち着かない。よれよれになってクタクタになったものじゃないと許せないんです」 内田「光武さん(笑) それ、マジでやばいよ」 光武「肌感覚が落ち着いてくるとようやくまともに服が着れるようになりましたけど、思えば相当変な格好だったと思います」 内田「最先端のモード系を小さいときから実践してたんだね、光武さんは」  なぜそんなに衣類の素材が気になるの? と疑問に思った方もいるかもしれませんので説明しますと、HSP(Hyper Sensitive Person)と呼ばれる「様々な感覚が通常の人より過敏な人」がいます。そしてこのHSPは発達障害と併発しやすいと言われています。  幼少期の僕のエピソードはこの感覚過敏の体験になるのでしょう。実は今でも聴覚や視覚に過敏さは残っていて、様々な音を拾ってしまったり、視野が異常に広く様々な情報を常に拾ってしまうため、集中力が切れやすいという形で現れてくることが多いのです。
次のページ 
東大には発達障害の当事者が集まる?
1
2
※ユーチューブチャンネル「ぽんこつニュース」でも光武さんが発達障害バーの日々を配信中

発達障害グレーゾーン

徹底した当事者取材! 発達障害“ブーム"の裏で生まれる「グレーゾーン」に迫る

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事