ライフ

幼稚園児が万引き、買取額が不満で暴れる女性…古本屋店主が嘆くモンスター客

 本を買える古本屋は、買取金額もそれに応じて安い。そして中には、買取額を適当につける古本屋もあるそうだ。
古本屋

写真はイメージです(以下同じ)

「ウチが買取金額を安く、適当につける理由は、一部の悪質な客のせいです」  こう話すのは、古本屋を経営している中村誠さん(仮名・42歳)。中村さんの経営する古本屋はチェーン店ではあるものの、かなり小さい店舗だという。 「自分は本や漫画が大好きで、古本屋を経営することは昔からの夢でした。小さい店だからこそ、地域の住民に親しまれるような店を目指していましたね」  しかし、その幻想はすぐに打ち砕かれることとなる。 「まず、万引きが当たり前のように毎日発生するんですよ。一番小さい子は、幼稚園児でした。買取も、高価買取リストの人気漫画を、封も開けていない状態で、何冊も小・中学生が持ってくることがあるんです。あからさまに万引きで入手したであろう商品でした。18歳未満は、親の同伴がなければ絶対に買取不可にせざるを得ませんでしたね」 万引き 幼稚園児までもが万引きしているという現実に驚愕するが、買取の商品までもが万引きで入手した商品となると、凄まじい話だ。「買取しろ」とごねる子どもの保護者に電話連絡をしたところ、中にはとんでもないモンスターペアレントもいたという。 「『うちの子が古本屋なんかで買取希望をするぐらい困っているなら、あんたがお小遣いをあげなさい!』と、まったく意味のわからないキレ方をされたこともありました。ときには親のほうから店に来て、『あの子が売った物は、あの子の妹の物だから妹がかわいそう。なんで買い取ったの!?』と……これが毒親っていうのかな、と思い知らされました」  これらの出来事でわかるように、買取で厄介なのは、一部の18歳未満の客よりも、その親だったり、同じく一部の、いい歳をした客なのだそうだ。 「多いのが、明らかにゴミ捨て場から拾ってきたような、ボロボロで汚いうえに、なんの価値もない本を買取させようとする人たちです。買取するまで、ずっと店内に居座りますからね。言いたくないのですが、いるだけでほかのお客さんが出ていってしまうような見た目や臭いの人もいますから……ゴミにしかならない本に、泣く泣く数十円支払って帰ってもらっています」
次のページ 
発売日と見た目だけで査定する日々
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事