ライフ

“日本一危険”と評判の駅に行ってみた。黄色い線の内側に並べない…

狭すぎてホームドアも設置できない?

 そんな中津駅だが、同駅が持つ“ホームが日本一狭い駅”や“日本一危険な駅”という称号は、以前は別の駅が襲名していた。実は、もっとホーム幅の狭い駅があったのだ。  それは阪神電鉄の「春日野道駅」(神戸市)。現在は幅広の新しいホームになっているが、2004年まで使用されていたホームの幅は2.6メートル。中津駅はこれより若干広いようだが、それでも危険なことに変わりはない。
両ホームに列車停車中の圧迫感がハンパない!

両ホームに列車停車中の圧迫感がハンパない!

 安全のためにホームドアを設置したほうがいいとの意見は多いようだが、ここまで狭いと別の問題もある。仮に設置してもホームドアで場所を取られてしまうと、朝のラッシュ時は階段付近が今まで以上に混雑してしまうのは必至だ。  今後、何らかの対策を講じる可能性は高いが、現時点において日本一ホームが狭く、危険な駅であるのは事実。梅田駅の隣で歩いても行ける距離なので興味がある人は、大阪を訪れた際に立ち寄ってみるといいだろう。<取材・文・撮影/高島昌俊>
―[シリーズ・駅]―
フリーライター。鉄道や飛行機をはじめ、旅モノ全般に広く精通。昨年に続き、今年も年末年始を利用して世界一周(3周目)に出発する。この旅の模様も日刊SPA!にて配信予定。
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事