ライフ

「ユニクロ最新冬アウター」マストバイ3選…ダウンは史上最強傑作

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第254回目をよろしくお願いします。
メンズファッションバイヤーのMB

メンズファッションバイヤーのMB。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 今年もユニクロが頑張ってます。ハイブリッドダウンなどの新作もリリースし、冬アウターラインアップは抜け目なし! 今回は多数あるユニクロのラインナップの中でも特に一押しの3アイテムを紹介します。

▼カナダグースはもう不要? 美シルエットすぎるユニクロダウン史上最高傑作!

ハイブリッドダウンパーカ 9990円(+税) ハイブリッドダウンパーカ 9990円(+税) ユニクロが今季、ガンガン打ち出している新作ダウンシリーズ。  昨年まで強化して展開していたシームレスダウンは接合部分が熱圧着のため実は耐久性がそこまで高くない。といっても、もちろんすぐにダメになるものではありませんが……経年とともに圧着が剥がれてくるリスクはあります。  ハイブリッドダウンは熱圧着ではないのでおそらくシームレスダウンシリーズよりも耐久性は長めでしょう。このあたり「ライフウェア」を打ち出し、質や耐久性を重視するユニクロ的なアプローチらしい。  ユニクロは「安いからすぐダメになる」と言われるのを最大限嫌ってますからね。シームレスで誰かに言われて根に持っていて、「それなら!」と開発したのではないかと予想! ハイブリッドダウンパーカ 9990円(+税) さて、そんなハイブリッドパーカ。個人的にもユニクロダウン史上最高傑作かなと思っています。このアイテムの肝は袖部分だけを高機能素材にしてダウンを抜いたこと。ダウンは防寒性が高い替わりにシルエットが野暮ったくなります。モコモコとした印象は如何ともしがたい。  そこで袖だけダウンを抜いてシルエットと防寒性を両立させたのがこのアイテムです。  服作りをしていると理解できるのですが、実はシルエットは「袖」が重要。身幅や肩幅がゆるくても袖がフィットしている状態ならば案外、すっきりきれいに見えるのです。  なぜなら袖は身頃から出ている先端部分だから、ほかのパーツよりも一層目立つわけです。ユニクロは袖からダウンを抜き、その代わりにヒートテックなどで使われる吸水発熱素材を採用。  袖はすっきりしているけど、ある程度防寒性も担保できている。少なくとも日本の街でこれで寒さに困ることはないでしょう。加えて、シルエットもちゃんと細身できれい。防寒性とシルエットを見事に両立した最高の出来です。 【参考動画】⇒なお、私のYouTubeチャンネルにて動画でもじっくり解説していますので是非ご覧ください。
次のページ 
風合い豊かなコスパ最高のコート
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事