お金

緒戦の雪辱なるか。稀代のギャンブラーが練り上げたGⅠ・高松宮記念の予想とは?~李正侑の「払い戻しはこちらへ」vol.2~

「兄貴、読み通りだったじゃねえかよ!俺は悔しすぎるよ!」 「そうだよあれは決めねえと。前はもっとここ一番は持ってる男だっただろ?」  今日も俺のアジトは騒がしい。  みんなてめえのことみたいに俺の馬券を応援してくれてるから、初連載で馬券が外れたことにエキサイトしている様子。  まあ確かに浦和の桜花賞、グリグリの1倍台の人気馬・レイチェルウーズをばっさり下げて6番人気・2番ルイドフィーネと4番人気・4番テーオーブルベリーの人気薄から行って2着3着だもんな。  さらに展開もばっちり読み通りで、まるで未来人ってレベルの1コーナーだった。それでハズレは確かにやるせない。

アジトに集まった懲りない面々

 この街で知り合ったしんちゃんこと金の字とも、かなり長い付き合いになる。  今はボートの予想屋やってるけど、しんちゃんが金ちゃんなもんだから本人も馴染みが深いようで毎日元気に街をパトロールしている。  もう一人は長く俺の舎弟をやっているユン坊。とにかく俺のやることなすこと全力で追っかけて応援してくれる、ペテンはそう良くないものの気持ちは熱い男だ。  桜花賞での立ち回りについてああだこうだと言われても、おめえらだって散々負けることあるだろうがとも思うが、俺達は博打で飯を食っているもの同士だからなのか、そういう押し引きというか精神論に近いものになると話が長くなる。 「だってよ、2番4番で本命対抗なんだろ?俺だったらワイドは最低限押さえるけどなあ。」 「兄貴あれマルチだよ、ああいうの手広くマルチすれば10万馬券取れたろ?そうだろ?」  もう何を言われようが構わないが、これだけ熱くなるってことは、前回はそれくらい惜しかったという証左でもあるのか。  だが収支はマイナス15万円。事実としてはそれだけが残るのみ。  俺の気持ちとしてはこの第二回目で当然プラスに転じたいし、張り駒を増やして帳尻を合わせるのも格好が付かねえから同じ15万で最低でも三倍くらいにはして、良い顔をしたいなと思っているところなんだが……。冷静に相談にでも乗ってくれればとも思っていたのに、どうにも話が脱線していくんだよな。
次のページ
顎回しの純がみせたファインプレー
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事