ライフ

ウーバーイーツがコロナで激戦化。ベテラン配達員の月収50万円が15万に…

 国税庁の発表によると2018年の日本の平均年収は441万円だ。しかし今、非正規雇用で平均を大きく下回る低収入、貯金もほぼないが、その現実に危機感を持つこともなく好きなことをして暮らす無自覚な貧困層が増えているという。その実態に迫った!

当事者が激白! コロナで大幅収入ダウンでも痛くない!?

まったり貧困で生きる

立場はフリーターだが、定時や人間関係に縛られなくなったのが利点と語る新井さん。自転車での配達で体重も10㎏減ったとか

 世界中でコロナウイルスの感染が進むにつれて、日本政府は小中高や大学に休校を要請、企業では社員のリモートワーク化が実施されるなど、未曽有の事態が勃発している。さらにリーマンショック以上ともいわれる経済の落ち込みで、仕事ができずに収益・収入が激減する企業や個人事業主が相次いでいる。 「新しい仕事に慣れて、これからたくさん稼ごうと意気込んでいた矢先に起きたのがコロナショックでした。運と言えば運なので仕方ないけど、正直落胆していますね」  そう語るのは新井敏幸さん(仮名・35歳)。母親の介護を理由に、10年間勤務していた家電量販店を辞め、食事宅配サービスのUber Eats(ウーバーイーツ)の宅配員として働き始めて約1年。多い月で手取り50万円を超える月もあったというが、現在の収入は15万円ほどにまで落ち込んでいるという。 「以前は配達の仕事は独占状態で、効率よく回れば一日3万円も稼げる日もありました。それがコロナの影響で、アルバイトのシフトがなくなった大学生やリモートワークで暇を持て余した社会人がこぞって配達員になり始めたんです。面接もなしで始められるUber Eatsは確かに参入しやすいのはわかりますが……。配達元が休まない限りは配達自体の需要は伸びると思いますが、ライバルがかなり増えたせいで、今は全盛期の半分以下しか稼げていません」  娯楽費や食費などの支出を減らすことでなんとか母と2人暮らしの生計を立てているという新井さん。コロナの終息の見通しも立たない今、不安はないのだろうか。 「配達員にコロナの感染者が出て、Uber Eats自体が営業停止になったら新しい就職先を探そうかなとは考えています。一般企業もいつまでも休んではいられないだろうし、今は辛抱ですね」  コロナショックにより、いつ東京が封鎖されてもおかしくないともいわれている日本。まだまだ社会の混乱は続きそうだ。 <取材・文/週刊SPA!編集部>
年収100万円で生きる-格差都市・東京の肉声-

この問題を「自己責任論」で片づけてもいいのか――!?
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事