ニュース

吉祥寺、戸越銀座の「自粛無視」報道写真のウソ

 地域住民の生活の場である商店街の“三密”ぶりが報道機関各社によって報じられ巷の注目を集めた。一方で、映し出された映像や写真の是非を巡りネットでは大炎上。なぜ騒動はここまで大きく広がったのか、その背景を読み解く。
「自粛無視」報道写真のウソ

赤祖父氏(Twitterは@akasofa)が実際に撮影した検証写真。左は、全長約300mの吉祥寺サンロード商店街の入り口から200㎜の望遠レンズを使って撮影。対する右は24㎜の広角レンズで歩きながら撮影したもの。奥行きが違うのが一目瞭然

地元住民に暴かれた行きすぎた報道写真の闇

 すべての情報には何かしらの意図が含まれている。報道写真においてもカメラで切り取られたその世界が真実とは限らない。  新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、政府は4月7日に緊急事態宣言を7都府県に向けて発出し、16日には対象地域を全国に広げた。さらに、5月4日には月末31日までの期間延長を決めた。不要不急の外出自粛が国民に求められる中、4月12日にNHKは品川区にある戸越銀座商店街の賑わいを報道。これを皮切りに、さまざまな報道機関が都内の有名商店街の“三密”(密閉・密集・密接)状態を写真や映像とともに伝え始める。  例えば、4月14日のWeb版毎日新聞には、買い物客で賑わう戸越銀座商店街の写真が掲載された。同月19日には、JR吉祥寺駅前のサンロード商店街を日刊スポーツが、共同通信は武蔵小山商店街パルムを取り上げた。  外出自粛の呼びかけによって新宿や渋谷など、都心の繁華街が静寂に包まれる一方、商店街がマスク姿の買い物客や家族連れでごった返している。世間は近隣住民を「危機感が低い」と叩いた。  だがその一方で、地元住民による報道写真や映像の検証で“写真のウソ”が明らかになると、Twitter上では炎上騒ぎに発展した。そこには「『こういう絵が撮りたい』と思って渋谷のNHKから戸越銀座まで行っている。そういう絵を撮って帰ります。地元民の気持ちなんて置き去り」「いい『絵』が撮れないと、しまいには『CG画像』で代用する予感(悪寒)」といった旨の、報道姿勢に対する嘆きと諦めの声が目立つ。そして、いずれの報道写真にも共通しているのは“望遠レンズによる圧縮効果”だった。  まずは、論より証拠。検証写真は、吉祥寺在住の会社員・赤祖父氏がサンロード商店街の入り口から撮影したもの。広角レンズの写真と比べ、望遠レンズのそれは左右にある鉄柱やフラッグの間隔がかなり狭まり、その影響から約300m先にあるアーケードの出口も写真に納まっている。また、近くのものと遠くのものの距離が縮まったことで、あたかも一か所に人だかりができ、“三密”状態になっているかのように見える。つまり圧縮効果とは遠近感が失われ、近景と遠景とが重なって見える現象を指す。こうした報道写真の過剰演出に対し、赤祖父氏は語る。 「新型コロナウイルスの感染を楽観視している人たちに警鐘を鳴らすのは大切ですが、三密リスクを軽視している住民が多いかのような報道は結論ありきの印象操作としか思えません。一連の商店街の報道は、周辺の住宅街で暮らす人たちを悪者扱いして“自粛警察”が溜飲を下げる的にしただけです」  武蔵小山商店街パルムの近くに住む人たちも「生活必需品を販売する店が多い商店街は、地域住民の生活道路でもあるので人の往来はあります。それでも報道写真ほど“密”ではありませんよ」と、残念そうに嘆いてみせた。
「自粛無視」報道写真のウソ

武蔵小山商店街パルムと戸越銀座商店街の混雑ぶりを写真に収めにきた報道陣。「脚立に乗って商店街の端から望遠レンズで撮影すれば全長が圧縮され、意図的に”密”な状態をつくれます」と松本氏

 また、品川区議会議員の松本ときひろ氏は誇張した報道写真が持つ影響力について顔を曇らせる。 「戸越銀座商店街や武蔵小山商店街パルムでは、外出自粛を促すアナウンスを定期的に流したり、“STAY HOME”の貼り紙や看板を設置したりしてコロナ対策に取り組んでいます。それなのに“三密”が誇張された報道写真によって商店街の組合や店舗にクレームの電話が相次いだ。ただでさえ疲弊している商店街の人たちは非難され続け、悲鳴を上げています」
「自粛無視」報道写真のウソ

松本ときひろ氏

 商店街には、東京内外から「野放しにするな」「人混みを何とかしろ」などの苦情が殺到。戸越銀座商店街には“殺人商店街”と中傷する電話もあったという。こうした行きすぎた自粛監視はネット上でも散見される。ネットウオッチャーのおおつねまさふみ氏は言う。 「外出や営業自粛に応じない人や店舗に対し、ネット上で誹謗中傷を繰り返す“自粛警察”と呼ばれる人たちにとって、彼らを私的に取り締まる行為は正義なのです」
「自粛無視」報道写真のウソ

武蔵小山商店街パルムと戸越銀座商店街にある外出自粛を促す立て看板と貼り紙。「不安ばかり煽らず、商店街の取り組みも伝えてほしいですね」(松本氏)

 編集部が、吉祥寺サンロード商店街の三密報道をした日刊スポーツに「写真の意図」に対する見解を求めたところ、「現場の取材で得られた写真を掲載しました」、またネット上の声には「真摯に受け止め次に生かしていきたいと考えています」との回答だった。
次のページ
報道写真で駆使されるカメラテクニックの数々
1
2
週刊SPA!5/19号(5/12発売)

表紙の人/ 乃木坂46

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事