ニュース

女子フィギュアのリプニツカヤ選手が出産。人気のロシア人スケーターたちの現在は?

大学進学を志して“引退説”が流れたがインスタで否定


 最後は2018年平昌五輪金メダリストのザギトワの現在について調べてみた。15歳で金メダリストになった彼女だが、五輪後に行われたミラノの世界選手権で5位と惨敗。その後も不調に悩まされ、去年12月に17歳にして競技活動休止を表明した。  同月13日、ロシアの政府系テレビに出演し「新たな自分を探すことになる」とコメント。大学入学のための国家統一試験に向けて勉強中であり、大学進学後は将来的にはコーチ就任を目指していく方向性も明かしている。
この投稿をInstagramで見る

После эфира на Первом канале мне приходит много вопросов о том, что означает мое интервью, и почему я завершила карьеру. Я очень волновалась, но все же четко донесла свои мысли, которые впоследствии были по-разному интерпретированы другими СМИ: Я приостанавливаю свое участие в соревнованиях. Я никуда не ухожу, но я не участвую в чемпионате России и без отбора не претендую ни на чемпионат Европы, ни на Чемпионат мира, потому что я всегда отбираюсь по спортивному принципу. Для меня фигурное катание это моя жизнь, и большой спорт то, ради чего я работала и продолжаю работать каждый день начиная с 4 лет. Все мои достижения, включая Олимпийское золотои золото ЧМ, не случайны, мы с моими тренерами проделали огромную работу, за что я им буду благодарна всю свою жизнь, и я не планирую останавливаться и тем более уходить. Ни о каком уходе или завершении я даже не думаю. Как спортсмен, добившийся всех возможных первых мест, я хочу быть на высшем пьедестале, а для этого мне надо тренироваться еще больше и еще сильнее. Я по-прежнему в сборной России и по-прежнему могу выступать за свою страну на международных соревнованиях. Я продолжаю свой фигурный путь с поддержкой моих тренеров. Following my latest TV appearance I am getting a lot of questions. For me Figure Skating is all about what I always worked for and continue working for since I was 4 years old. Forever I will be very grateful to my coaches for the tremendous job we have done and I am not planning either to stop or retire. I am still part of team Russia and still I can take part in international competitions for team Russia. I am continuing my figureskating way with the great support from my coaches // 先日のテレビ出演後、「一体どういうことか」「なぜ引退したのか」という多くの質問を頂いています。 テレビ出演の際、私は不安で、自分の考えをはっきりと伝えることができませんでした。 私にとって、フィギュアスケートは私の人生そのものであり、プロフェッショナルなスポーツ選手になるために、4歳から常に努力を続けてきました。オリンピックの金メダルを含む、私のすべてのタイトルは偶然ではありません。コーチ陣に対し、私たちが一緒に成し遂げたことへ、一生感謝し続けたいと思っています。そして、私は活動休止も「引退」するつもりもありません。休止すること、引退することは、一切考えていません。フィギュアスケートにおいて、可能な限りすべてのタイトルを獲得したアスリートとして、私は常に表彰台の一番上に立ちたいですし、そのために、さらにハードなトレーニングをする必要があります。私は、今もなお、ロシア代表の一員であり、ロシア代表として国際大会に出場できます。引き続き、コーチの皆様、パートナーの皆様、ファンの皆様からの素晴らしいサポートとともに、私のフィギュアスケート人生を続けていきます。

Alina Zagitova(@azagitova)がシェアした投稿 –


 この発言を受けて“ザギトワ引退”と複数のメディアが報じたが15日には自身のインスタグラムで引退を否定。「私は活動休止も引退するつもりもありません。私はまだチームロシアの一員であり、チームロシアのための国際大会に参加できます」と一連の引退説を退けた。競技会への参加は一時停止するものの、アイスショーなどへは出演するようだ。  入れ替わりが激しい女子フィギュアスケートの世界。毎年のように新しい魅力的な若手が入ってくる。10代でフィギュアスケートのトップに立ったザギトワもそのプレッシャーがあったのかもしれない。とはいえ、ザギトワは18歳。メドベージェワも20歳だし、トゥクタミシェワでさえ23歳だ。まだまだ先は長いのだ。これからの彼女たちが、人生というリンクの上で華麗な舞を見せてくれるのを期待したい。 <取材・文/すずきおさむし>
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事