スポーツ

ドラフトから1年の佐々木朗希、まだ実戦のマウンドに上がっていない現在の思いを語る

「いつ実戦で投げるのか」という周囲の目にも、心を乱さず

キャッチボールをする佐々木朗希 運命のドラフト会議から1年が経とうとしている。あの時のドラフトで注目のど真ん中にいた佐々木朗希投手は将来を見据え、身体強化に重きを置き、実戦のマウンドには、まだ上がっていない。  令和の怪物の異名を持つ若者は投げたい気持ちを抑え込む。そんな状況下でも注目のルーキーの一挙手一投足をメディアは追う。走っている姿の写真が紹介され、キャッチボールをしていることがニュースで報じられると複雑な気持ちになるのも当然だろう。  ピッチャーはマウンドで投げて存在感を見せるもの。走っていることやキャッチボールをしたことが報じられるのは本意ではない。ただ、そんな周囲の目にも心を乱すことは決してない。雑音をシャットアウトして黙々と汗を流す日々が続いている。

「後退も成長に向けた大切なステップ」というイチローさんの言葉

 地道なトレーニングの中で心に残った言葉がある。日米で大活躍したイチローさんの動画を見ている時、一つのメッセージが耳に入った。イチローさんがトヨタ自動車新入社員に送ったメッセージ動画だ。  現役時代にさらなる進化を求めて毎年のように打撃フォームを変え、常に挑戦してきた自身の経験を踏まえてイチローさんは若者に語っていた。それはトヨタ自動車の新入社員と同様に、マリーンズのルーキーの胸にも響いた。 「成長とは、まっすぐに目的地へ到達することではないのではないか。前進と後退を繰り返して少しだけ前に進む。つまり、後退も成長に向けた大切なステップなんじゃないか」  練習後のロッカールームでその言葉をじっくりと聞き直した。ファンの前で早く投球を披露したいと前のめりになる気持ち。マウンドで剛速球を投じたいという欲求。それはやはりいつだって湧き起こる。  そんな心の葛藤を、プロ野球界の大先輩の言葉が優しく包み込んでくれた。じっくりと強靭な身体を作ったうえでのデビューを目標にスケジュールが組まれていることの意味を、改めて思い返すことができた気がした。

前進と後退を繰り返しながらも、一歩一歩と着実に前に進む

「ドラフトからここまであっという間だったように、ここから1年もきっとあっという間に過ぎると思います。目標に向かってまっすぐ進むことはもちろん大事ですが、前進と後退を繰り返しながらも日々、少しだけでも前に進むことができる、そんな人間でありたいと思います」と佐々木朗希は口にする。  周囲の好奇の目、期待を一身に受けながらも地味で地道なトレーニングを重ね、一歩一歩と着実に前へ進む。18歳の若者は遠い先を見る。そこには前途洋々たる未来が待っている。だから黙々と自分磨きの日々を送る。 千葉ロッテマリーンズ広報室長。1976年生まれ、大阪府出身。関西大学を経て1999年産経新聞社に入社。サンケイスポーツ運動部では仰木オリックス、野村・星野・岡田阪神を担当。2005年に千葉ロッテマリーンズに入団、広報担当として2005年・2010年の日本一を経験。2006年にはWBC日本代表の広報業務にも従事した。文藝春秋社、朝日新聞社、千葉日報社など各媒体でコラムを連載中。趣味は競馬で、2011年に解散したメジロ牧場の血統を引く馬を追い続けている。著書に『千葉魂』(千葉日報社・現在6巻まで刊行)など。
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事