お金

G1小倉競輪祭で完全決着!優勝賞金1億円の「KEIRIN GP」出場権争い

競輪

写真はイメージです

 今年のプロ野球はセ・パともに独走となり少々残念なシーズンだったと思っている。やはり、シーズン終盤まで激戦のほうが面白いし、盛り上がるのは自明の理。そんな野球の話はさておき、競輪界は優勝賞金1億円のKEIRIN GP出場権争いが大激戦となっており、その決着が11月23日の夜にやってくる。11月18日~23日に小倉競輪場で開催されるナイターG1・競輪祭がそれだ。

混沌とする出場権争いを今一度、整理しよう!

 では、まずは現在の状況を整理しよう。GP出場権は今年のG1優勝者と残りは11月23日のG1競輪祭を終えての獲得賞金上位者9人まで得られる。 <獲得賞金ランキング> 1位 松浦 悠士 広島  145,782,500円 G1優勝 2位 脇本 雄太 福井  99,889,000円 G1優勝 3位 清水 裕友 山口  74,237,000円 G1優勝 4位 平原 康多 埼玉  63,277,900円 確定 5位 佐藤慎太郎 福島  54,224,000円 実質確定 6位 郡司 浩平 神奈川 53,522,000円 実質確定 7位 和田健太郎 千葉  50,187,800円 8位 守澤 太志 秋田  47,135,900円 9位 山田 英明 佐賀  45,786,000円 10位 新田 祐大 福島  41,723,000円 11位 古性 優作 大阪  39,492,700円 12位 中本 匠栄 熊本  38,982,200円 13位 浅井 康太 三重  38,337,000円 14位 諸橋 愛  新潟  35,854,000円 15位 原田研太朗 徳島  33,970,700円 16位 東口 善朋 和歌山 31,252,500円 ※3000万以上・11月14日現在・審査用賞金は少しズレがあります <G1競輪祭決勝賞金表> 1着 3360万円 2着 1710万円 3着 1120万円 4着  815万円 … 9着  397万円 ※副賞等含まず  まず賞金枠で実質GPが確定しているのは4位の平原康多選手だ。競輪祭で他の選手が決勝でどれだけ活躍しても賞金が9位以下に落ちる組み合わせがない。続く5位の佐藤慎太郎選手、6位の郡司浩平選手もほぼ安泰の状況である。真下の順位勢がそろって競輪祭決勝で2.3.4着となり逆転できる組み合わせは限りなく少ないし、それも本人が1走目で失格して一切賞金を積めないという超のつくレアケースだ。そのため、4〜6位の平原、佐藤、郡司までが安全圏と言えよう。

深谷選手移籍発表で弾みをつけたい7位の南関・和田健太郎

 そうなるとGP出場権争いは残り3枠となる。少し優位となっている7位の和田健太郎選手は、13位までの決勝3着と、15位までの決勝2着で9位に落ちる。9位はもし競輪祭優勝者が賞金圏外の選手だった場合にそちらが優先されるためにアウトだが、賞金圏内の選手が優勝した場合は問題ないため、和田健太郎選手にとってはできるだけ大敗を避けて無難に準決勝までは辿り着いておきたい公算だ。  和田選手がGPに乗れれば郡司選手との南関連携が可能で郡司選手にとっても援軍が付く願ってもない状況となる。先日、愛知のトップレーサー深谷知広選手が来年からの静岡移籍を発表し盛り上がる南関勢にとって、最低でも2人で今年のGPに乗るのは長年苦戦を強いられてきた南関勢の悲願でもあるだろう。
次のページ
基準は8位の守澤太志選手を巡る攻防
1
2
勝SPA!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事