ライフ

時短要請下の飲食店で起きた「客の変化」。20時前後でこんなに違う

 コロナ禍以降、「飲み歩く」だけで家族や同僚から白い目で見られてしまうようになった。緊急事態宣言の期間中は、居酒屋はおろか牛丼屋やラーメン屋まで時短営業とくれば、仕事終わりにちょいと一杯……とはいかない。しかし「辛抱たまらん」と、夜8時で追い出される覚悟で居酒屋に赴く客も少なくない。そこで何が起きているのか。

「久々に外で飲んだ」客がトラブルを招くことも…

居酒屋

写真はイメージです(以下同)

「最近増えたのが『久々に外で飲んだ』とおっしゃるお客さんです」  東京都千代田区の居酒屋店主・野島幸助さん(仮名)の店は、東京都の時短営業要請に則り、緊急事態宣言期間中は夕方4時から夜8時まで、たった4時間しか営業を行えていない。  年始こそガラガラ、閑古鳥が鳴く日々が続いたが、ここにきて客側も痺れを切らしたのか、客足が戻りつつあるという。そうした「最近の客」のほとんどが「久々に外で飲んだ」と口にするのだが、「久々に外で飲んだ」からこそのトラブルも発生していると漏らす。 「夜7時頃に来店して飲み始め、1時間しかないからということで、とにかくアルコールのペースが早い。その結果、何が起こるのかといえば、客同士の喧嘩、トイレが汚物まみれ、泥酔客が店で寝てしまい警察を呼んだこともあります。コロナ禍以前に比べて、こうしたトラブルが格段に増えました」(野島さん)  久々に居酒屋で酒を飲み、ワイワイ騒げば気はおおらかに、そして大きくなるのはわかる。だが、そんな客たちが悩みのタネにもなっているというのである。売り上げなどはどうなのか。 「飲みすぎて倒れ、救急車を呼んだことも。救急隊の方からも『店の人がしっかりしてくれないと』と呆れられましたが、こちらとしては商売ですから……。ただ、お酒は出ますが、料理は思ったほど出ず、客単価も以前に比べたら少し下がっているくらいです」(同)

7時半のラストオーダーで泥酔客にキレられる

 神奈川・横浜の居酒屋店長・富永悟さん(仮名・40代)も、やはり「最近の客」の動向に頭を悩ませている。 「私がいうのもなんですが、こういう時期に来られるお客さんだから、感染対策などに少し疎い方が多いです。酔って大声で喋り、周囲の客と言い合い、掴み合いになることもあります。店を夜8時で閉めようとしても、なかなか出て行ってくれない。7時半にラストオーダーを聞きに行ったところ、泥酔したお客さんからキレられたこともあります。貴重なお客さんではありますが、従業員のストレスは半端じゃありませんよ」(富永さん)  では、緊急事態宣言による自治体の「要請」に従わず、8時以降も営業を続けているような居酒屋には、さぞスジの悪い客が押し寄せているのではないか……。
次のページ
20時以降は雰囲気が一転
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事