ライフ

会社が半リモート化で地元にUターン。週1~2日なら新幹線通勤でもいい

 企業に対して政府や自治体がしきりに呼びかけている従業員のリモートワーク化。だが、導入に踏み切った企業でも業務のすべてを自宅で行うのは現実的に難しい部分もあり、定期的にオフィスにも出勤する半リモート化を実施しているケースが目立つ。
引っ越し

写真はイメージです(以下同じ)

 有馬大智さん(仮名・31歳)が勤める情報サービス会社は、昨年4月から一時的な措置としてのリモートワークが続いていたが、夏になって正式に半リモート化に移行すると発表。それを受けて彼も10月に都内のアパートを引き払い、それからは栃木県内の実家で暮らしている。

週1~2日なら遠方からの新幹線通勤でもいい

「大学進学で上京し、卒業後に就職した今の会社も都内だったのでそのまま住んでいました。ですが、毎日出社しなくていいなら家賃の高い東京に住む必要はないですからね」  実家から職場までの所要時間は約1時間45分。しかし、いつも新幹線を利用しており、長時間通勤による疲れは感じないとか。 「去年まで住んでいたところは、同じ都内でも通うのに1時間弱かかっていましたし、電車の中でもずっと立ちっぱなし。その点、今は週1~2日の出勤で済みますし、新幹線だから朝も夜も座れます。帰りには車内でビールや缶チューハイを飲みながらゆっくりできますし、優雅なもんですよ(笑)」 新幹線通勤 実家には毎月5万円を入れているそうだが、ひとり暮らしのときは家賃だけで7万円。光熱費や食費を入れると13~14万円になっていたので支出は大幅に減った。 「特にひとりだと外食や弁当にすることが多かったですし、自炊でもひとりだと高くついちゃうじゃないですか。だから、実家で三度の食事を用意してくれるのが本当にありがたい。このまま甘えてしまいそうなので気をつけなきゃとは思いますが、ずっと離れて暮らしていた自分が戻って両親も喜んでくれているみたいだし、そこはよかったかなって」  ただし、実家に住むのはあくまで一時的なもの。ずっと住み続けるつもりはないそうだ。

実家に戻ったことで月10万円以上の貯金が可能に

「一応、半リモート化になりましたが制度的に見切り発車的な部分が大きく、今後どうなっていくのかわからないので。そもそも部署によっては毎日出社しなければいけないところもあるし、今後異動する可能性だってあるわけじゃないですか。そこで今の状況をチャンスと捉え、頑張って貯金しようと考えました。社会人になってからコツコツ貯めてきましたが、実家に戻った今なら以前の3倍以上のペースで貯められますから」 新幹線 ちなみに毎月の貯金額は、ひとり暮らし時代の月3万円から月10万円に大幅アップ。コロナの前は、半リモート化も実家に戻ることもまったく予想していなかったため、まさに彼にとってはうれしい誤算だろう。 「もう何年も付き合っている彼女がいて、結婚を考えているんです。互いの両親にも挨拶済みですし、もう少し落ち着いたら正式に婚約という形になると思います。けど、これから結婚で一緒に住み、さらにその先の子供のことを考えると、蓄えは少しでもあったほうがいいなって」
次のページ
会社が半リモート化を中止しないか心配
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事