仕事

「仕事ができない=やる気がない」と単純解釈していた…パワハラ上司が自分の“過ち”に気づけたわけ

部下の相談に応じていたはずが、パワハラと言われ……

liberoPAUI4638_TP_V

「部下の相談に応じていただけでパワハラ扱いされた」上司。上司が根本的に勘違いしていたこととは

 変わりたいと願うDV・モラハラ加害者が、具体的にどう変わって、 愛と配慮のある関係を作っていけるのかを探る当事者団体「GADHA」を主宰しているえいなかと申します。コミュニティではさまざまな悩みが共有されるのですが、職場での加害についての相談を受けることも多くあります。  今回は、自他共に認める「仕事の鬼」であるAさんの事例を紹介します。 「職場の部下のBさんが『仕事の進め方で悩んでいる』って言うから相談に乗ってあげていたんです。こちらも忙しい中、わざわざ時間を割いていたのに、Bさんはだんだん無口になっていくし……。後で、自分の上司からは『それはパワハラだぞ』って注意されるし、散々ですよ」(Aさん)  部下の相談に応じていたはずが、どうしてパワハラになってしまうのか、今回はこの背景に迫りたいと思います。

言い訳ばかりの部下に「心を鬼にして叱咤激励していただけ」

 Aさんは、とある会社の中堅係長。「仕事の鬼」を自負するだけあって、精力的な仕事ぶりです。仕事にもやりがいを感じているそうですが、「ただでさえ忙しいのに、部下の指導も加わると本当に時間が足りなくて」と、会社に内緒で休日出勤していた時もあったそうです。  そんなAさんは、部下Bさんとの件のやり取りを次のように説明してくれました。 「Bさんの仕事ぶりは真面目で丁寧なのですが、期限にはよく遅れがちでした。何度か注意やアドバイスもしたのですが、一向に改善しません。私から言わせると、Bさんには社会人としての自覚が足りないんですよね。給料をもらって仕事をしている以上、自分の担当業務は期限までにやり切るのが普通じゃないですか!」  Aさんは続けます。 「最近はBさんの仕事の遅れがトラブルになり始めていたので、心配して『仕事が遅れてきているけど、大丈夫か?』って聞いてみたんです。そうしたら『仕事の進め方で悩んでいる』と言うじゃないですか。でも、Bさんの口から出てくるのは、『自分としては精一杯やっている』とか『誰も教えてくれなかった』とか言い訳ばかり……。  それでは本人の成長につながらないから、私としてはBさんのためを思って『仕事には相手があるんだから、単なる自己満足ではダメ!』『自分一人で抱え込んでたらダメ!人のせいにするな』とかって、心を鬼にして叱咤激励していただけなんです。私、何か間違ったことを言っていますか?」
次のページ
「最近の人は口だけ達者で、こらえ性がない」
1
2
3
4
5
ハラスメントがおきない職場のつくり方~ケアリング・ワークプレイス入門

職場からハラスメントをなくしたい、もう人が辞めない職場を作りたい人、必読!

テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート