恋愛・結婚

高学歴女子の知的すぎる性の目覚め

筒井康隆からサド侯爵まで、高学歴女子の性の対象は幅広い

 男子の性の目覚めのきっかけと言えば「父親の部屋にあったエロ本を発見」や「道端に落ちていた湿ったエロ漫画を回し読み」などが王道だ。

 だが、女子の場合、特に高学歴女子の場合は性の目覚めもなかなか複雑なよう。その知的すぎる例を集めてみた。

「中学生のときに読んでいた筒井康隆の小説が目覚めだったと思う。なかでも好きだったのは、テレビの前の大勢の視聴者男性と毎夜バーチャルなセックスをする処女が主人公の『20000トンの精液』。もうひとつは様々な快感が17時間遅れてやってくる病気になってしまったせいで、人前でセックスの快感が訪れてしまう『信仰性遅感症』。皆は気付いてないけど、私にはいま17時間遅れで昨夜のセックスの快感が訪れていて、我慢するのが大変!ていう設定で中学の授業を過ごしたりしていました。もちろん処女でしたけど。筒井康隆を読んでいるませた私!というプライドも満たせたし、エロ本とは違って人目をはばかることなく読めて、存分にエロ妄想に浸れたので一石二鳥でした」(29歳・出版)

「小学五年のときに読んだ大和和紀の漫画版源氏物語『あさきゆめみし』。そんなに直接的な描写はないんですけど、まだ15歳の若紫が、源氏に手篭めにされて『おにいさま……嫌!』と言うところにすごく興奮しました。いま思えばその頃からマゾだったのかも。何度も読み返しすぎたせいで、源氏物語の人物関係図を完璧に覚えてしまい、大学受験まで役に立ちました」(27歳・金融)

「中学生のとき、大ファンだったGLAYのライブで、ステージが突然せり上がる瞬間があって。高いステージの上のHISASHIから見下ろされた瞬間『気持ちいい……!  もっと見下されたい!』て思ったのをよく覚えてます。今の性癖にも繋がってるかも(笑)。でも、東大卒のキャリアが邪魔して、実際にはなかなか見下してくれる人がいないんですよね……」(27歳・公務員)

「高校一年生の夏、サド公爵の晩年を描いた映画『クイルズ』を観にいったとき。今までアニメやラブコメしか観たことのなかった私が、厳しい親の目をかいくぐって、はじめてひとりで地元のミニシアターに観にいった作品でした。あまりに官能的で扇情的な描写に身体が反応してしまったらしく、観終わって家に帰ったら、遅めの初潮が始まっていました。まさに女になった瞬間でした(笑)」(26歳・PR)

 十代のうちからバンバンセックスをしていたような女子よりも、鬱屈した青春時代を過ごしていた高学歴女子のほうが実はエロい、とはよく言われるが、思春期のころに逞しい妄想力を鍛え上げてきた賜物なのかも。 <取材・文/マッキーナ>




おすすめ記事