雑学

ハーフ相手に必死で外国語を話す日本人に苦笑

マリエ、トリンドル玲奈など、テレビではハーフタレントが人気。メジャーではダルビッシュ有も大活躍だ。でも、ハーフだからといって、全員が美形&バイリンガルってわけじゃない。日本でフツーに暮らす一般人ハーフたちのトホホな体験談を聞いてくれ!

【言葉でトホホ編】

ハーフ

※画像はイメージです

 ハーフの皆さんが日本人に必ず一度は言われるというセリフ。それは「○○語で何か話して!」だ。

「腹が立つとまではいかないけど、ロシア語を話せるとわかったら、『何かしゃべってみて』と言われるのが困る。何かってナニ?」(ロシアとのハーフ女性)

 聞いたところで、さっぱりわかりゃしないだろうにねえ。

仕方なく何か適当にしゃべったとしても、「ハンガリー語は(日本人には)ピンとこない言語なので、しゃべると必ずビミョーな空気になる」(ハンガリーとのハーフ男性)というのも切ない。

 別の意味でタチの悪いのが、「語学を少々たしなんでいます(キリッ」という日本人だとか。

「社内で英語がペラペラとされている人が、自分との関わりを避けようとするので笑ってしまった」(イタリアとのハーフ女性)という程度ならカワイイもの。

「フランス語が少しできる日本人女性には、必死にフランス語を使おうとする人が多いですね。気がつけば私は日本語で話し、相手は限られたフランス語で返している状態に。お互いの会話のリズムが悪くなるし、正直、迷惑です」(フランスとのハーフ女性)

 気分だけはパリジェンヌのつもりなのかもね……。
 
 普通に日本語で話しただけで驚かれたり「お上手ですねー」とホメられたりするのは日常茶飯事。そこで「『やぶさかでない』とか、『さもありなん』みたいな言葉を使うと、驚き度が3段階ぐらいアップする」(アメリカとのハーフ男性)ってのも何だかなー。

― [一般人ハーフ]のトホホな日常【2】 ―




おすすめ記事