ニュース

お絵かき指導、僧侶ボランティアetc. アイデア次第でいろいろな災害支援

 震災で傷つくのは肉体だけではない。愛する肉親を失ったショック、また地震、津波、原発事故への恐怖は続いている。日本臨床心理士会のボランティアとして阪神・淡路大震災でも活動し、今回も被災地を訪れた臨床心理士の高橋哲さんは語る。 「わたしたちは岩手、宮城、福島に被災のなかった西日本などから現地に臨床心理士を派遣し、適度に被災者の話を聞き、彼らの恐怖が『当たり前のもの』として向き合えるようカウンセリングしています。PTSDを防ぐために、彼らが辛い体験を心の奥底にしまいこまないよう努めています」 同時に心のケアに関するリーフレット作成やマスメディアを通じた啓発活動にも注力していく予定だ。高橋さんは「スマトラ沖地震による津波で被災した人々のケアの経験もある」ので、その「ノウハウを今回生かす」ことができるとも話す。 身体的リラクゼーションが心の傷を癒す効果も忘れてはならない。福岡県鍼灸師会所属の鍼灸師としてボランティア支援に当たる、はりきゅう今泉治療院(福島県郡山市)の今泉洋平さんはいう。 「3月17日に鍼灸師仲間4人で1日に35人ほど施術しました。簡易ベッドを持ち込んでの肩こりマッサージやエコノミー症候群防止のストレッチ体操の指導をしました」 今泉さんは施術中、被災者が語る体験談にも耳を傾けるという。施術と聞き役の両方を同時にこなすのはかなりしんどいようだが、少しでも心身ともに傷つき、疲弊した人々の癒しになればとの心遣いからだ。 「山奥に暮らしていた80歳の老人がライフラインがすべて止まり、自分で車を運転して雪で閉ざされそうになる道路をその都度雪かきしながら郡山まで出てきた話には胸が詰まりました」(今泉さん) 阪神・淡路大震災のとき、絵を描くことで子どもたちの心を解きほぐすという試みがあった。その実績をふまえ、神戸で設立された色彩楽園はお絵かき、、塗り絵、工作などのものづくりによる子どものケアを実施している。 「子どもたちは自ら再生力を持っています。それを引き出すお手伝いをするのがわれわれの役目です。肉親の死などを辛い体験した子は幽霊を描いたりします。しかし、それを表現することで悲惨な記憶をある程度切り離し、カタルシスを得ることができる」(色彩学園代表・藤井昌子さん) 特に絵の上手い下手関係なく誰でもできる塗り絵はとても好評で「絵に自信のない大人の方にも気軽にできる」(藤井さん)とのことだ。 地震と津波で尊い命をなくした人々の霊を慰めるべく、静かに読経をしている僧侶たちがいる。塩釜市、多賀城市、利府町、七ヶ浜町にある臨済宗、曹洞宗、浄土宗などの有志寺院が火葬場に菩提寺住職が来られない場合に限り、遺族の了解を得て読経を行っている。臨済宗妙心寺派東園寺住職の千坂成也さんは次のように話した。 「ご遺族に『わたしたちでよければ』とお声をおかけしますと、『ぜひ』と言われる方々が多いです。またご遺骨の行き場のない場合はご相談に乗っています」 有志寺院の僧侶たちは当番で火葬場に詰める。檀家獲得の意図は当然なく、「寺の名前も告げす、読経が終われば静かに立ち去る」のだという。 「お経はインドの人々が生んだ知恵を中国の人々が聞き触りよく意訳したものが日本に伝わったもの。意味はわからなくとも日本人にも聞き心地がよくできています。その昔の方の知恵を生かしたいと思い、心を込めて読経しています」 亡くなられた方々を慰める読経の声音が被災地に響きわたる。 ◆日本臨床心理士会・日本心理臨床学会 「東日本大震災心理支援センター」 電話:03-3817-6392 〒113-0033東京都文京区本郷2-40-14 山崎ビル602 FAX:03-3817-7800、03-3817-6802 メール: jpsc@ajcp.info 【活動内容】 ・被災した地域の各県臨床心理士会による被災された方々への支援活動を支える。 ・要請に応じ、臨床心理士・日本心理臨床学会会員・協力学会会員による心理支援チームを派遣する。 ・日本赤十字社のこころのケア班の要請を受け、活動にボランティアとして参加協力する。 ・「国境なき医師団」の要請を受け、臨床心理士を派遣する。 ・被災された方々への心理支援のための情報を提供する。 ・被災された方々への電話相談活動の支援を行う。 ・被災地における支援者、ボランティアのためのメンタルヘルス支援を行う。 ・心理支援ボランティアの研修を行う。 なお、今後の活動内容については、状況の推移を見守りつつ、順次拡充していく。 ◆色彩楽園 TEL.078-974-6044/090-3673-2473(10:00~20:00) FAX.078-976-3602 http://www.shikisaigakuen.com ◆Webあおぞら色彩楽園 http://blogs.yahoo.co.jp/aozora_oekaki ・東日本大震災子どもレスキューおえかきケア募金 郵便振替口座 00950-2-99008 口座名義:色彩楽園 震災支援状況は下記ブログをご覧ください。 http://blogs.yahoo.co.jp/kozaru_saiyuuki 寄付金は郵便振替:00950-2-99008/口座名:色彩楽園まで
110405_BK1_07.jpg
色彩楽園は阪神・淡路大震災のときに誕生 http://www.shikisaigakuen.com/
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事