雑学

「体が欲するままに食べる」が最強の健康法ってホント?

高須克弥氏

高須克弥氏

◆現代人が誤解しがちな“食と健康”の知識

「一日一食のような健康法が支持される背景には、“肥満=悪”とする現代人の思い込みがある」。我々が誤って解釈しがちな健康知識を高須氏が詳説。

【誤】徹底した食事管理が健康&若返りの秘訣

●若々しく元気に過ごすには、体が欲するままに食べてストレスをためないこと!

「健康や若返りのために食事制限や断酒を実行しても、なんの効果もありません」と断言する高須氏。なぜなら、現代人にとって健康の大敵は“ストレス”。ストレスを撃退するには、“食べる”という本能に規制を加えてはならないというのだ。しかし、それでは栄養バランスが乱れそうだが……。

「興味深い実験結果があります。さまざまな食べ物を並べ、幼児たちが食べる様子を長期間観察したところ、ある日はパンだけ、ある日はお菓子だけと、食べ方にはムラがありました。でも、1週間後のトータルの栄養摂取量を分析すると、合理的なバランス食を取っていたことが判明したのです。つまり、人間の体はそのときに必要な食べ物を摂取するようにできているということ。極端な好き嫌いや体の変調がなければ、体が欲するままに食べて大丈夫なんです」

“栄養の常識”に従って規律正しく食べていても、そのストレスで各器官の働きが鈍ってしまっては元も子もない。体の声を信じて、好きなものを食べたいときに好きなだけ食べるべし!

◆ファッション業界に変化!?美の基準も「やせすぎはアウト」に

VOGUE

VOGUE

 ’06年にブラジル人モデルが拒食症で死去した事件以降、ファッション業界では“やせすぎモデル問題”の議論が過熱。「スリムすぎるモデルや女優を称賛するのはいけないのではないか?」というふうに、潮流が変わり始めているという。

 それを象徴するのが、ファッション誌『VOGUE(ヴォーグ)』が今年5月に発表した各国編集長による共同声明。不健康なほどやせたモデルに憧れた読者が無理なダイエットに走ることを防ぐために、「摂食障害のように見えるモデルを起用しない」など、女性の理想的なボディのイメージをより健康的なものにする編集方針を打ち出したのだ。

 『VOGUE』の影響力の大きさを考えると、巷の女性がダイエットに執着しなくなる日も、もしかしたら近いかも!?

【高須克弥氏】
’45年、愛知県生まれ。医学博士。美容外科「高須クリニック」院長。近著に話題の健康法の間違いに鋭く切り込んだ『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)

― アナタが信じるその健康法は間違っている!【3】 ―

その健康法では「早死に」する!

あの高須克弥が話題の健康法&ダイエットに警鐘を鳴らす!




おすすめ記事