恋愛・結婚

会ったことのない人を好きになるのは変ですか?【LINEで告白した29歳女性プログラマーの悩み】

【佐藤優のインテリジェンス人生相談】
“外務省のラスプーチン“と呼ばれた諜報のプロが、その経験をもとに、読者の悩みに答える!

◆「会ったことのない人を好きになるのは変ですか?」
KN(ペンネーム)プログラマー・女性・29歳


会ったことのない人を好きになるのは変ですか?【佐藤優のインテリジェンス人生相談】 3年以上恋人ができず、社内には魅力的な男がいなく、ついに今年、出会い系サイトを利用するようになったアラサー女です。

 その出会い系サイトで出会った人となんとなくいい雰囲気になり、毎日LINEでやり取りするようになりました。ただ、私は大阪に住んでおり、相手は北海道です。写真のやり取りはしていても、顔を合わせたことありません。

 でも、話が面白くて、心惹かれた私は酔った勢いでLINEのなかで「好き」と告白しました。そうしたら、相手は「会ったこともない人を好きになることはできない」と返してきました。「なら、会いたい」と伝えたら、返信が滞るようになりました。私は暇つぶしの相手だったのでしょうか? 予想以上にショックでした。会ったこともない人を好きになるのは変でしょうか?

◆佐藤優の回答

 人間にはイメージを思い浮かべる能力があります。それだから、会ったことがない人に過剰にプラスのイメージを抱いて好きになることは、珍しい現象ではありません。もっともそういう感情が、本物の恋愛に発展したという例はあまりないと思います。少なくとも私が直接知る範囲では、一件もありません。

 人間の気持ちは相互的ですから、あなたが出会い系サイトで知り合った男性も、あなたに好意を抱いていたと思います。好意を抱くと、男でも女でも会ってみたいと思うようになります。相手があなたと会うことを望んでいないというのは、相手にそれなりの事情があるからです。もっともありうるのは相手が妻帯者で、家庭を壊すリスクは負いたくないが、女性とLINEで連絡をとって、恋愛的な雰囲気を楽しみたいということだったのだと思います。妻帯者との不倫でドロドロの関係になって、仕事も私生活も滅茶苦茶になるよりはマシだったと思って、この件はあきらめたほうがいいと思います。

 こういうときは失恋を扱った小説を読むことです。山崎ナオコーラさんの『人のセックスを笑うな』をお勧めします。美術専門学校に通う19歳のみるめは、39歳の講師ユリとセックスをする関係になります。ユリには夫がいます。みるめとは遊びではないのですが、夫と離婚するつもりもありません。最後にユリはみるめから離れていき、電話もとらなくなります。以下は、みるめの独白です。

<新しく好きな人ができたら楽になるのだろう、とも思うが、若いオレにはいつかはできるだろうことは予想できても、今はまったく、他の誰かを好きになれる能力が自分にあるような気がしない。

 ユリからもらったマフラーを首に巻いて出かけ、「手編みのマフラーくれるって言ったじゃねえかよ」と、未練タラタラで物思いに耽った。

 考えているうちに「いや、違う」と、思い始めた。寂しさというものは、ユリにも、他の女の子にも、埋めてもらうようなものじゃない。無理に解消しようとしないで、じっと抱きかかえて過ごしていこう。>(『人のセックスを笑うな』114~115頁)

 KNさんは、きっと今、寂しいのだと思います。しかし、今後、出会い系サイトを続け、そこで知り合った別の男性とSNSで交流しても寂しさは解消されないと思います。友人関係でも恋愛関係でも、本当に重要なのはバーチャルでなく、リアルな人間関係を持つことです。出会い系が100%駄目だとは言いませんが、あれは男と女が知り合う場を提供することで成り立っているビジネスです。本当の友達や恋愛の対象となる人を探す場ではありません。もし、一生のパートナーになる相手を本気で見つけたいと思っているならば、結婚相談所に登録することをお勧めします。実際によいパートナーと巡り合った例を私も何件か見ています。

【今回の教訓】
出会い系は男女が知り合う場を提供するビジネス

◆募集
佐藤優さんへの相談を募集中。匿名希望の方はペンネームを記入してください。採用者には記念品をお送り致します。
⇒応募はコチラから https://nikkan-spa.jp/icol_form

【佐藤優】
’60年生まれ。’85年に同志社大学大学院神学研究科を修了し、外務省入省。在英、在ロ大使館に勤務後、本省国際情報局分析第一課で主任分析官として活躍。’02年に背任容疑で逮捕。『国家の罠』『読書の技法』『日本国家の神髄』など著書多数 (※写真はイメージです)

人生の極意

知の巨人・佐藤優が、悩める相談者に送った、人生を賢く生き抜く72の処方箋

人のセックスを笑うな

「嫉妬したくなるほどの才能」と評された第41回文藝賞受賞作。美術学校の講師で39歳のユリと19歳のみるめが過ごした日々を描いた恋愛小説。’06年刊


インテリジェンス人生相談 復興編

超個人的な問題から佐藤優が導く<日本復興のシナリオ>とは!?




おすすめ記事