恋愛・結婚

正面に座った女性が何cm脚を開けばパンチラするのか? 真面目に検証してみた

 2015年、初夏。巷ではひそかにパンチラ発生率が増加しているという事実をご存じだろうか? ファッションの流行などに左右されやすいパンチラだが、今年のファッション業界では裾が広がったフレアスカートが流行の兆しを見せているほか、壁面がガラス張りのデザイン建築が増加し、“見上げるとパンチラ”といった事象がすでに数多く報告されている。

 しかし、アラフォーリーマンにとってパンチラとは諸刃の剣。予期せぬ遭遇に対応を誤れば、痴漢の濡れ衣を着せられるかもしれないのだ。

 というわけで、「あらぬ疑い」をかけられるよう対策を講じるべく、ここではパンチラ遭遇率の高い場所「電車内」について考察する。

 正面に座った女性の見えそうで見えない魅惑のデルタゾーンは、男の鼓動をいつも“特急”にさせる。今回は女性たちの注意喚起を促す意味で「ヒザ上10cmのフレアスカート」と「ヒザ上20cmのタイトなデニムスカート」を履いたモデルさんに5cm単位で股を開いてもらい、座席でパンチラするしないの境界線を大検証。男の目線の位置は、日本人男性の平均身長である170cmの人が向かいに座った状況を想定した。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=858740

 いったい何cm股を開けばパンチラが発生するのか? やはりというべきか「ヒザ上20cmのタイトなデニムスカート」はわずか5cmの開きでもデルタが! 対して「ヒザ上10cmのフレアスカート」は……衝撃の結果は、5/26発売の週刊SPA!に掲載されている特集『[パンチラ危険地帯]を行く』にてご確認を。この特集では電車編以外にも、「オフィス編」「路上編」と題し、パンチラ発生のメカニズムについて考察している。また、「今、パンチラ発生率の高いコーデ」「パンチラ多発地帯一斉捜査」なども掲載。予期せぬパンチラもその発生のメカニズムさえ知っておけば大人として対処できるはず。この特集でぜひともこのメカニズムをしっかりと学習しておこう! <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!6/2号(5/26発売)

表紙の人/松岡茉優

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事