恋愛・結婚

ホームパーティに女子が持ってくる差し入れで「イケる度・イケない度」がわかる!?

 イマドキのイケてる系男女のあいだで流行っている「ホームパーティ」。コイツにお呼ばれした女子が持ってくる差し入れで、なんと! その子の「ヤレる度・ヤレない度」が判別できるらしい!?

 提唱者は……最近、例外を認めない男前な断言文体で「ヤリマンライター」の地位を確固たるものに築き上げつつある菊池美佳子さん!! さっそくゴメス記者が凸撃インタビューを行った!

――お久しぶりです。今日は「ホームパーティの差し入れでヤリマンを見分ける方法」を伝授していただけるのだそうで……。もし、その判別法が正しいなら、男子にとっては相当有利な情報だと思われるのですが?

菊池:はい。私がこれまで参加してきた幾多のホームパーティから見いだした客観的データを基とする判別法なので、精度の高さには自信があります。

――相変わらず“澱み”を一切感じさせない素晴らしい物言いですね。じゃあ、もう結論からよろしくお願いします。ズバリ! ホームパーティにどんな差し入れを持ってくる女子が即マンできるんですか?

菊池:ローストビーフとか肉系の差し入れを持ってくる子です。

――まんまじゃないですか(笑)。そのココロは?

菊池美佳子

菊池美佳子さん

菊池:「まんま」なのがポイントなんです。結局、私がさまざまなタイプの女性と接してきたうえで導き出した“真理”は「男性の肉棒が好きな肉食系女子は(食事も)肉が好き」だということ。だから、ホームパーティの差し入れひとつ取っても、まず即物的に自分が食べたい“肉”をチョイスしちゃうんです。

――生ハムはダメなんですか? 「生」ってとこが、よりナマナマしいし……。

菊池:オードブル的な要素が強いのでローストビーフよりは弱いですが、まぁアリでしょう。ただし、「生ハムの後は生ハメしちゃう?」などの下ネタはご法度! ほか、お酒を持ってくる女性もいますが、シャンパンやワインをリボンで飾って持ってくる女の即マン率は、ほぼ0%です。

――そーなの? お酒好きっぽいから、酔わせるのは簡単なイメージがありますけど……。

菊池:見た目の華やかさを重視する女性は、要するに人目を気にするので、パーティの途中で抜け駆けし、参加者の噂になることを敬遠する。

――じゃあどんなお酒ならオッケー?

菊池:6缶パックの缶ビールを持ってくる女性は即マン率が高いです。シャンパンと違って、缶ビールはコルク抜き不要。つまり、「すぐ飲める!」という利点がある。「すぐ!」という意識が高いからこそ、「すぐハメる」ことへの意識も高い。

――食後のスィーツなどを持ってくる子は? 「白い粘着物といった風情の生クリームを食べたい!」って観点ではローストビーフケースと一緒で、やはり即物的って気もしますが?

菊池:スィーツ女子は、「男性は甘い物が苦手かも」という傾向に対する気配りが欠けている。「すぐヤリたい男心」に対する気配りも欠けている。

――なるほど~。いつものように、なんだん納得させられてきている自分がいます……。じゃあ、サラダや夏野菜のキッシュとかの“草系”を持ってくる子は?

菊池:野菜系の料理をセレクトする女性はダメです。ダイエットを気にして、遅い時間までの飲み食いを避け、さっさと家に帰って、日課のホットヨガをやりたがる。男とヨガる気が1ミリもない。

――じゃあ、魚系は?

菊池:野菜じゃ物足りないけど肉は太るという中途半端スタンスなので、即マンよりも後日マンに繋げて。

――ですよね~? じゃあ、パンとかチャーハンとかの炭水化物は? あと、から揚げや串カツや牡蠣フライあたりの揚げ物系は?

菊池:炭水化物はお腹に溜まるのでフットワークが鈍る。揚げ物は、揚げ物好きな男心を理解できているので、即マンしたい男心も理解できる。カロリーを気にしない享楽主義者でしょうし。ただし、餃子を持ってくる子は×。いくらセックス好きな女子といえども、さすがに匂いを気にして、即マンは避けるでしょうから。

――ありがとうございます! 今日も大変勉強になりました!! では最後に。なんにも持ってこない子はどうなんですか?

菊池:なんにも持ってこないってことは、なんにも考えてないってことなので、“即マン”という目的に絞るなら相当美味しいのは間違いなしです。ただ、カノジョにするには、さすがにオススメできませんけどね(笑)。

<取材・文/山田ゴメス>

【菊池美佳子(きくち・みかこ)】
1977年3月17日生まれ。岩手県盛岡市出身。20代の頃に様々なナイトワークを経験、男女の性愛について身をもって学ぶ。引退後、コラムニストに転身。「凄まじき性癖を持つ漢たち」(イーグルパブリシング)「2010年代ニッポンの風俗」(TOブックス)「つけちゃうぞ!大人の保健体育」(遊タイム出版)「テレフォンセックス裏物語」(幻冬舎)「Sの妹Mの彼女」(遊タイム出版)など、性愛に関する著書多数有り。
ブログ(www.diamondblog.jp/official/kikuchi_mikako/




おすすめ記事