エンタメ

現役レースクイーンにクロスボンバーをやらせてみた

渡瀬茜ちゃん

渡瀬茜ちゃん

 たびたび日刊SPA!に登場し、「ネオオヤジギャル」としてもならす現役レースクイーン・渡瀬茜ちゃんが今度はプロレスにチャレンジ! すわ、レースクイーンから女子プロに転向か!? ……と思いきや、「ネオオヤジギャル」として、SPA!世代がこよなく愛した(に違いない)キン肉マンに登場する“あの技”の数々を、中年世代、いやSPA!世代の皆さまのために再現してみたい、というサービス精神の一環であることが判明。  もちろんコスチュームはセクシービキニ! しかも動画!! プロレスラーの山田太郎を相手に、ガチンコで技をかけてかけられ……そのシズル感とナマっぽさは一見の価値アリ。ゴメス記者の解説とともにお楽しみいただきたい! ――最近、「プ女子」って言葉が流行るくらいプロレス好きな女子も増えているみたいですね。そういう意味では“旬”な感じもしますが……プ女子って、本来は「プロレスを観るのが好きな女子」のことで、「プロレスをするのが好きな女子」のことじゃないですよね? 渡瀬茜(以下、茜):私もプロレスを観るのは大好きです。 ――なるほど……。じゃあ、そもそも「観る」のが大好きな茜ちゃんが、なぜこんなことをやってみようと思ったんですか? 茜:先日電車に乗っていて、たまたま吊革に掴まっているサラリーマンさんを見てたら、そのポーズがキン肉マンに出てくる必殺技に似てるなあ……と(笑)。そーいうことを考えていると、もう居ても立ってもいられなくなっちゃったんですよー。 ――それは「クロスボンバー」ですね。完璧超人ヘル・ミッショネルズの必殺技で。30~40代あたりの日本男児なら、小学校の休み時間とかによく掛け合ったりしてたハズ……(笑)。 茜:そうそう。そして、今回のタッグパートナー・佐野直さんとの息が合っていないとなかなか成功しない、簡単そうで難易度の高い技です。 ⇒【動画】http://youtu.be/fl9THpprPS0
――けっこうガチガチでヤッてるんですね。正直ビックリしました。肘もイイ感じで入ってます。 茜:ありがとうございます。で、次が「氷点下の首4の字」! ――「クロスボンバー」だけじゃなく、まだヤルんですか? たしかコレはプラネットマン……でしたっけ? 茜:正解! リングに立っているうちにだんだん気分がハイになって来ちゃって……。 ⇒【動画】http://youtu.be/La4ZjzhSfb4
――さらに敵が立ち上がったところでトドメはネプチューンマンの「クォーラルボンバー」。相当読み込んでますな、キン肉マン。 茜:かなり読み込んでます。SPA!世代の皆さんのハートを鷲掴みにできますかね(笑)? ――おそらくドストライクの世代ですからね。大丈夫じゃないでしょうか。 茜:あと、次は「キャメルクラッチ」を……。 ――まだあるんですか!? 茜:ハイ! これがラストです。 ⇒【動画】http://youtu.be/dIPjEGJ-9Vw
――「かける」んじゃなくて「かけられて」ますよ。 茜:シメはファンサービス(?)ってことで(笑)。 ――むっちゃズタボロにヤラれてますけど……カラダは平気なんですか? 茜:終わって3日間くらいはムチ打ちと筋肉痛で身動きできませんでした……。 <取材・文/山田ゴメス 協力/スタンリークラブ> 【渡瀬 茜(わたせ あかね)】 アップルスター所属。1987年三重県生まれ。2011年スーパー耐久レースから本格的にレースクイーンとして活動を開始し、2014年まで「スーパーGT」のレースクイーンを務める。現在は、バイク雑誌『VIBES』のイメージガールで「VIBES FOX」のメンバーとして活躍中。オヤジ世代にこよなく愛してもらえるタレントを目指し、ガチンコであらゆる“難題”にチャレンジ。 特技は大型二輪バイクでのスラロームと強肩から放たれる2塁盗塁阻止。イメージDVD第2弾『渡瀬茜~美脚コレクション~』がグラッソより絶賛発売中! ブログURL:http://ameblo.jp/wataseakane/ twitter:@wataseakane11962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。脳神経外科医の菅原道仁先生との共著『「モテ」と「非モテ」の脳科学~おじさんの恋はなぜ報われないのか~』(ワニブックスPLUS新書)、ツイッターアカウント@gomes12081
渡瀬茜~美脚コレクション~

彼女の自慢の脚とヒップラインをクロ-ズアップ





おすすめ記事