恋愛・結婚

海外旅行で“ハジけたい”女子たちがグアムに集まってくる理由

 日本人の海外旅行先として人気のグアム。いま、この地に熱い眼差しを向ける日本のナンパ師が少なくない。

 夏場は湘南や千葉の白浜を中心にナンパに勤しんでいる26歳のサラリーマンナンパ師のO氏。彼はグアムがナンバ場所として日本より最適な理由を次のように語る。

JD・ナースを一網打尽!日本のナンパ師が3月にグアムのボロ宿に泊まるワケ「すぐにヤレるタイプの女子大生やナースが集まっているからです。『ハワイはちょっと高いし、意識高くなきゃいけないけどグアムならはじけられるかな?』という、いい意味で意識の低い女のコたちがグアムには勝手に集まってくるんです」

 O氏曰く、年間を通して女子大生が多いのは卒業旅行シーズンの3月。ナースは9月の夏休みを利用してグアムに訪れることが多いという。むろん、O氏をはじめとしたナンパ師のグループはこの時期に合わせてグアムに「出張」する。

◆全国から遊びたい女のコが安価で集まってくる

 グアムが熱いポイントは、日本各地からの直行便の多さだ。東京や関西だけでなく、札幌、仙台、新潟、岡山、広島、福岡からも直行便が出ているため、田舎から出てきた「とりあえず海外」のコたちが一同に集まるのだ。

 現地で抑えるホテルにも一工夫が必要だ。

「予約すべきなのは一泊10000円以内のボロホテルです。グアムのボロホテルは一階のロビーしかWiFi通じていない。なので、夜になるとWi-Fi目当てに日本の若いコたちがわんさか集まってくる。まるで誘蛾灯です。ここで話しかけてあとは部屋飲みに持っていけば楽勝です」

 また、グアムのコンビニは年齢確認が厳しいため、身分証を忘れた彼女たちを狙ってコンビニ前で待ち伏せするのも有効だという。

「ほとんどのコが旅先でハジけているため、酒のペースもあがりやすいんですよ」

 全国各地を訪れなくても日本中のヘラヘラしたコを捕まえられるグアム。もはや、日本の盛り場の飛び地と言ってよいかもしれない。<文/日刊SPA!取材班>




おすすめ記事