恋愛・結婚

働きたくない専業主婦、家計を把握できず年収900万円で生活苦に

昨今、高齢者の貧困化が社会問題になっているが、それより深刻なのは「中年破産」の危機である。そこで、40歳から55歳までの家計が厳しいという男女200人にアンケートを取ったところ、原因の1位は「収入・ボーナスが少ない」で、121人という結果に。次いで「子供の教育費が高い」(46人)、「住宅ローンや家賃の負担が大きい」(42人)と続き、ほかに保険料や通信費などの固定費を原因に挙げる人が多かった。9割もが中年破産の危機に直面している実態とは? ◆夫婦ともに支出を把握せず。使途不明金が月10万円以上で大赤字 ~金子理恵さん(仮名・37歳)/主婦/夫の年収900万円~  月収50万円に対し支出が60万円と、毎月10万円の赤字を出し続けている金子理恵さん。支出の内訳を聞くと、「家計簿をつけていないので全然把握できてないんです」との答えが。あやふやな記憶をもとに出した収支が下記で、計算していくと毎月使途不明金が10万円あり、そのなかに1泊5万円の旅行や数万円する家具、幼稚園のイベント参加費など、判明している臨時出費も含まれるが、そのほかは何に使ったか不明なまま。聞けば、夫婦ともに共通の銀行カードを持ち、不足すれば引き出す生活。夫の小遣いも知らないとか。 働きたくない専業主婦、家計を全然把握できず年収900万円で生活苦!?▼収入……50万円  夫の手取り月収……50万円 ▼支出……60万円  住宅ローン……15万円  車のローン、維持費……7万円  水道光熱費……1万5000円  通信費……2万円  保険……2万5000円  幼稚園……3万円  学習塾代・習い事……2万2000円  ママ友との交際費……3000円  自分の服……5000円  子供服……2万円  おむつ代……月4000円  医療費……持病で毎月1万円  食費……4万円程度  外食費……3万円程度  夫の小遣い、使途不明金……約15万円 ▼収支……-10万円 「以前はお小遣い制にしてましたが、昼食代などの線引きが難しく、今は完全になあなあ。夫の服はたまにユニクロを、趣味のパソコンの部品も時々買うくらいで質素なんです。週2回の飲み代もそんなにかかってないと思うんです」 「削るなら土日の外食ですね。4人で一回3000円しますから。あと、毎月5000円くらい買う自分の服かな」
働きたくない専業主婦、家計を全然把握できず年収900万円で生活苦!?

※写真はイメージです

 教育費の貯金は必須だがボーナスは赤字の補填で消え、現在の預貯金残高は30万円程度。 「長男の学習塾と習い事、それと私立中学を受験するので、今後は学費がかさむでしょうね。下の子にはダンスを習わせたいんです。子供たちにはお金をかけたいですね。昔から専業主婦に憧れてきたので、働くくらいなら節約します。それでも無理なら親を頼ろうかな」  月収50万円あっても、これでは家計が厳しいのも無理もない!? <藤川太氏のチェック!!> 車と住宅費だけで収入の4割を占めていますが、これを2割に。外食を減らす程度では焼け石に水です。働きたくないなら車を売るなどしないと家計はよみがえりません。 【藤川太氏】 家計の見直し相談センター代表。2万世帯の家計を診断。著書『やっぱりサラリーマンは2度破産する』など ※写真はイメージです ― [中年破産]の危機 ―
やっぱりサラリーマンは2度破産する

ガッチリ貯まるライフプラン設計術を伝授

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事