R-30

セクハラで15年勤めた会社をクビになった男「転職先は残業なしで月30万円は欲しい」

40歳から55歳までの家計が厳しいという男女200人にアンケートを取ったところ、9割もが破産の危機に直面していた。その驚くべき「中年破産」の深刻な実態とは――

◆セクハラで解雇も、「娘・家族との時間」を最優先し転職難民に
~遠山隆さん(仮名・38歳)/無職/年収なし~

「選ばなければ仕事はある。それはわかってるんです」と言葉を濁すのは、現在無職の遠山隆さん。妻と子1人を抱える彼だが、今年3月、セクハラで15年勤めた会社をクビになった。

「前の会社は教育関係だったんですが、どうせなら別の業界へと6月に不動産関係に就職しました。でも、ノルマがきつい会社で、社員はみんなうつ病気味。しかも、ノルマを達成できないと給料が半年に5万円ずつ減っていく。こんな職場で自分をすり減らすのがイヤで、1か月で退職しました」

セクハラで15年勤めた会社をクビに――転職難民化し妻子を抱え、どうすれば…

※写真はイメージです

 現在、再就職活動中の遠山さんだが、まだ就職の予定はない。金銭的な焦りはないのだろうか?

「ウチは共働きで妻にも収入があるし、11月までは失業保険が毎月20万円出るので、それを合算すればギリギリ収支は合うんです。あと、最初の会社から出た退職金が80万円ほどあるので、すぐ就職せずともなんとかなるかな、と」

▼収入……37万円
 夫の失業保険……20万円
 妻の収入……17万円
▼支出……36万4000円
 家賃……15万円
 税金……2万円
 保険……2万4000円
 携帯代……1万円
 光熱費……2万円
 食費……5万円
 交際費……2万円
 妻の小遣い……5万円
 娘のピアノ代……1万円
 学童……5000円
 給食費……5000円
▼収支……+6000円

 逆にいえば、12月までに就職できず、失業保険もなくなれば貯金を取り崩して生活するしか術はない。それでも彼はこう続ける。

「最近家にいる時間が増え、娘との時間を大切にしたいと思うようになったから、土日出勤がなくて、残業もない、できるだけ近くの職場がいい。ただ、家族を養うには月給30万円は欲しい。条件に合う会社は見つからないですね」

 年齢はすでに38歳。選べる会社は多くない。そんな悠長なことを言っている余裕はないのでは。

<田中俊之氏のチェック!!>
セクハラも横領もそのつもりはなくやったのでは。「他者からの認識」と「自己認識」にズレがあると思われます。転職先を見つけようという危機感が感じられないのも、そこに原因があるのかもしれません。

【田中俊之氏】
武蔵野大学社会学部助教。男性学を研究し、著書『40男はなぜ嫌われるか』や『男がつらいよ』などで男性の生き方の見直しを勧める

※写真はイメージです
― [中年破産]の危機 ―

40男はなぜ嫌われるか

「若いですね」と言われたい中年男性の正体




おすすめ記事