エンタメ

好調『釣りバカ日誌・テレビ版』の裏で「釣りバカ方式」なるメソッドが発生中【コラムニスト木村和久】

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その96 ―

 10月中旬から始まった「釣りバカ日誌」のテレビドラマ版(テレビ東京系列、金曜8時)が、意外な面白さを発揮し、結構な人気を博している。今回はその魅力の秘密を探り、新たに生まれた「釣りバカ方式」なるメソッドを追ってみたい。

好調『釣りバカ日誌・テレビ版』の裏で「釣りバカ方式」なるメソッドが発生中【コラムニスト・木村和久】 国民的映画となった「釣りバカ日誌」が終了して5年。漫画の釣りバカ日誌は、1979年から、番外編やスピンアウト編などを経て、未だやっているが、映像の世界ではもう見れないと、誰もが諦めていた。それは鈴木建設の社長役のスーさんの三国連太郎が、亡くなったから、どうにも立ちゆかなくなった。けど原作本は2800万部も発売されており、人気はまだ根強い。

 そこで考えたのがテレビ版の制作である。原作と映画のイメージをどう踏襲し、現代風アレンジを加えるかが注目されたが、びっくりしたのが、スーさん役に映画ではハマちゃんだった、西田敏行を抜擢したことだ。観ていて不思議と違和感がない。しかも、映画のイメージをしっかり引き継いでいるから、同じ世界観を味わえるのだ。

 ハマちゃんが、スーさんになったら、ハマちゃん役を誰がするのか? それは今やauのCMでも、金太郎役が板に着いている濱田岳だ。あの淡々とした、嫌みのない3枚目路線の風貌が、ハマちゃん役にぴったり。そもそも名字が濱田だから、まんまハマちゃんだし。加えてハマちゃんの奥さんとなるみち子さん役が、広瀬すずの姉の広瀬アリス。これは色気がテンコ盛りで、いい女過ぎる。でもそれがベストマッチだよなあ。ハマちゃんとみち子さんが、近い将来合体すると思うと、夜も眠れませんから。

 釣りバカ日誌の面白さは、会社では社長とヒラ社員の関係だけど、趣味の釣りの世界においては立場が逆転し、社長が弟子になってしまうことだ。この逆転の構図は現実社会においても、よくある。最近、団塊世代のゴルフ友達は、自分の息子をゴルフ部に入れて、大企業に送り込んでいる。自分達がゴルフで人脈を広げたものだから、息子たちにゴルフを教え、出世レースで上位に立つことを願っているのだ。実際、新入社員なのに、重役達にゴルフのレッスンをして師匠となるケースが結構あるから面白い。ゴルフ部出身者は、コンペや取引先との接待ゴルフでも大活躍し、出世も早い。いいことづくめといえる。これぞリアル版「釣りバカ方式」でございます。

 そしてもうひとつの「釣りバカ方式」が、テレビ業界を席巻しそうな勢いだ。つまり西田敏行のメインキャストを引き継ぐシステムは「釣りバカ方式」として、今後も業界で定着するのではないか。そもそも主役降板で、ほかのメインキャストが、代わりを演じるのは、今に始まったことではない。水戸黄門も東野英治郎以降、助さん役の里見浩太郎が、後に黄門様になったではないか。笑点の司会も多くは回答者の中から選んでいるし、さほど珍しいことではない。

 というわけでテレビ業界の主役引継ぎの「釣りバカ方式」は「相棒」などの人気シリーズの、延命策として大いに期待したい。水谷豊が、定年を迎えて引退する時期に、最後に組む相棒を主役が張れる大物を起用する。そして、引き継いだ大物新人が、相棒のメインを張れば、永久機関のように続けることができる。いやこれで全てが丸く収まりますな。

木村和久

木村和久

 ということは、ハマちゃんの濱田岳が、20年ぐらいしたらスーさんをやるっていうのか? いや、そこまで原作のネタが持つかなあ、最後は、原作者が不在でもオンエアを続ける、サザエさん方式が、究極ということなんでしょうかね。

■木村和久(きむらかずひさ)■
トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦

トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦。著書に『50歳からのかろやか人生』





おすすめ記事