まるで王様気分!グラドルたちとジャグジーで乾杯

 すっかりコロナ流行前の賑わいを取り戻した週末の渋谷。飲食店が並ぶエリアを歩けば、“24時間営業”で知られる焼き鳥屋「山家」には入店待ちの行列が。酔客の聖地が元通りになった姿を見て、アフターコロナの足音を感じたスパムです。

俺の夜 さて、その山家のすぐ近くに、渋谷の隠れ名所になりそうな店がオープンした。その名もネオンバー「メゾン・スウィート・ドリームス」。“甘い夢”との名前の通り、美女たちが魅惑のランジェリー風衣装で接客してくれるという。

 しかも、同店で働く女性たちの多くは、事務所に所属せずに活動をするフリータレントたち。6月はプレオープン期間で、まさにできたばかりの注目店をリポートしよう。

店の奥に鎮座する光輝くジャグジー

 ネオンバーとうたっているだけあり、20席ほどのカウンターが並ぶ店内はなんとも色彩豊かだ。ピンクやグリーンのネオンライトが点滅し、照らされた女性の肌が妖しく輝く幻想空間である。

俺の夜

カウンター越しの眼福にあずかるスパム。普段は聞けないランジェリー談議に交ぜてもらうのも面白い

「衣装は全部、自前です。全部で50着くらいあって、家でもずっとランジェリーでいるくらい好きなんですよ」

 そう話すのは、キャストの飴ちゃんだ。同店で働きつつ、グラビア写真のSNS投稿やライブ配信を中心に活動しているという彼女。「今日はカッコイイ系で攻めました」という黒いボンデージ風衣装がバッチリ決まっている。

俺の夜 一方、「少し前まで芸能事務所に所属していたけど、活動の幅を広げたくてフリーになりました」と話すのは、黒いランジェリー姿の愛梨さん。「夜のお店で働くのは初めてで……」という初々しさを見せつつも、カウンター越しのJカップが破壊力抜群だ。

山崎ロックを傾けながら、磨き上げた美ボディを堪能!

 そんなセクシー美女たちと乾杯しつつ、イヤでも気になるのが店の奥のジャグジーだ。

「完全にオーナーの趣味(笑)。300万円かけたみたいです」

 ジャグジーの前は高級チェアが並ぶVIP席。「普段の忙しさを忘れて、王様気分を味わってください」(オーナー)との言葉通り、美女に囲まれてシャンパンを傾ければ天にも昇る心地である。

 

俺の夜

店内の映えスポットで、推しのキャストと写真撮影することも可能(1000円)

さて、読者諸兄が気になるのは、なぜタレントばかり働いているのかだろう。実は同店のオーナーが電子出版などグラビア事業も営んでおり、「グラビア活動をしながらお店でも収入を得られるようにしている」(同)という。

俺の夜

彼女たちの自主製作写真集も販売。ご本人を前に作品を見る楽しみ方も

 そんなタレントたちにセルフプロデュース術を教えているのが、グラビア歴12年の相原美咲さん。白いランジェリーを着ながら山崎ロックを傾ける姿がなんとも魅力的だ。

俺の夜「今後はお店で撮影会イベントもする予定なんです。ジャグジーを使ったグラビア写真、撮ってみたくないですか?」

 甘い夢の続きを見に来ようと誓うスパムでした。

俺の夜【MAISON SWEET DREAMS】
住:東京都渋谷区道玄坂1-5-9 ザ・レンガビル4F
営:19時~ラスト(プレオープン期間は金・土曜のみ)
電:080-5879-3913
料:3500円/50分(VIPルーム1万円~)
詳細はツイッター(@SWEETDREAMS_TKO)まで

撮影/菊竹 規

スパム 主に池袋界隈に出没。重度のタイツフェチで、レギンスに対しては反対の姿勢をとる
スパムの他の記事

新着記事

バックナンバー