V字型に食い込むレオタード姿のバニーとポールの合わせ技に大興奮

後編はこちら←

バニーとポールの合わせ技に大興奮

 

続いては、上野にあるアメリカンガールズバー「GETTO」。’60年代のオールドアメリカンを意識した店内で、接客してくれるのはバニーガールたちだ。

 V字形にレオタードが食い込むお尻を眺めながら、ポールダンスはまだかと待つ。すると「ウチのショーは不定期なの。ダンサーの気分次第だから」(白バニーのゆかちゃん)と、ダンサー衣装で接客中のミヤちゃんを指さした。

「満席なら踊ってくれるんだけど、少ないときは仲良くなるか……チップかな(笑)」(ゆかちゃん)

 接客もするミヤちゃんと仲良くなるチャンスはありそうだが、ここは大人の解決策。夏目漱石1枚を高々と掲げると、気分が乗ったのか快諾してくれた。

 スモークが焚かれ、スポットライトで照らし出される幻想的なステージ。先ほどのアップテンポな六本木のノリとは違う、魅惑のポールダンスショーを観賞できた。

 夜遊び欲を刺激するアメリカンな夜。このフロンティア精神は大切だと思う、テキサスでした。

バニーガールの平均年齢は22歳。常時10~15人が出勤している。また、ミヤちゃんのショーを観に来店する客も少なくないが、ショーは不定期開催。リクエストとチップをお忘れなく!



【アメリカンガールズバー「GETTO」】


バニーガールとポールダンスが楽しめるお店。
住:東京都台東区上野2-9-6 大和ビル1F 
電:03-6806-0230 
営:19時~ラスト 
休:日曜 40分/2500円~ 
http://www.getto.jp/index.php


テキサス記者の吐息
アメリカ発祥のコスプレとショーはセクシーで過激!

テキサス 「女のコとの会話は最高の前戯」がモットー。趣味は年間50回ほど行くキャバクラとFX
テキサスの他の記事