第百四夜【前編】

赤坂のど真ん中に大行列発生!

「フーターズ」の列に並んだ!



雨に煙る赤坂、俺はひとり長い行列の最後尾に佇んでいた……。

 3日前、可愛い後輩であるスパムが満面の笑みで言った。「苫米地さん、『フーターズ』に連れてってくださいよ。え、行列? ボクが並んでおくから大丈夫ッスよ!」。

「フーターズ」とはアメリカが発祥の”チアリーダーが接客するレストラン”。世界中に支店があり、10月25日、満を持して”日本初上陸”。連日1~2時間待ちはザラという、今、巷で話題の店なのだ。「ボクが並びます!」という先輩思いの言葉に重い腰を上げた。

週末は3時間待ち!? 超人気店の全貌は?

 しかし当日―スパムはいなかった。行列するデッキの窓越しに見える店内。寒さに震えながら店内のタンクトップ&ホットパンツ姿の女のコを眺めること30分。

 「うわぁ~、行列スゴイッすね!」心配して何度も電話をくれたO氏のあとに、満面の笑みで現れたのは、「可愛い後輩」だった……。

 1時間後、ようやく入店。「ウェルカム、エブリワン!」。流暢な英語で出迎えてくれたピッチピチのフーターズガールに怒りも沈静化。現金な自分が誇らしい。




101207_yoru_01.jpg

赤坂の老舗ホテルの2Fデッキに突如現れる大行列。
週末は3時間待ちもざらだとか



101207_yoru_02.jpg

店内は常にハイテンション。
誕生日のお客さんには女のコ全員が集まって祝福していた



101207_yoru_03.jpg

次々とやってくる女のコに思わず身を乗り出す





撮影/テポドン 協力/O氏(夜遊びガイド)

苫米地 某実話誌で裏風俗潜入記者として足掛け5年。新天地でヌキを封印。好きなタイプは人妻
苫米地の他の記事