“保守系女子”のジレンマ「中韓、民主党もどうかと思うが女性を蔑視するネトウヨも大嫌い」

 ネット上、または街頭デモなどで保守活動をする女性が増えている。

 中国、韓国、民主党などに反対し日本の国体を守ろう!というのが大まかな主張である点は保守系男性らと当然変わりはない。

 しかし主義主張に性差はないとはいえ、活動の上で女性であることのジレンマを感じることが多いという。

ネトウヨ

男社会からの抑圧はネトウヨ活動で発散する!?

 ネット上で保守系の書き込みをすることにハマった相原恵美さん(仮名・会社員・26歳)は話す。

 相原さんは地方の有名私立大学卒業。

「いま振り返ると、女性はいつでも女子らしく振舞うことを求められる。男性社会からの理不尽な押し付けがましい常識や良識に対して従順でなければいけない。それに対する破壊願望、不良衝動みたいなものを(女性として生活するなかで)消化することは難しい。ネット社会はそのような願望を(バーチャルに、ではあるが)かなえてくれる場所としてハマったような気がします。そこでは女性らしい振る舞いを求められることはないから」

 書き込む時は自分が女性であることを意識せずに、男言葉で思い切り書き込むとスッキリするという。

 だがそんな自らの行動を客観視してもいる。

「ネット活動をしている人の多くは、自分たちの意見や活動が社会にとって有益であるとか、影響力があるとか、そんなことを本気で思っているわけではないと思う。義憤に名を借りて自分のルサンチマンを垂れ流すだけ。中国や韓国(という国家)や民主党といった、実生活では大きすぎて手の届かない主体に対して罵詈雑言を浴びせかける、それが楽しいだけ。あくまでも自分の快楽のためのツールに過ぎないんですよ」

 一方、「嫌韓流」ブームの時に右翼的言論に興味を持ったという安永よしえさんはネットへの投稿活動を”真面目に”行っている(仮名・フリーター・24歳)。

 しかし、「主義主張に相通じるところはあるが、いわゆる一般的な『ネトウヨ』は大嫌い」だと話す。

「彼らは根本的に女性を蔑視しているから。国を愛する気持ち、国を守ろうとする気概に男女の区別はありえないと思いますが、彼らはそうは考えていない。女は生理休暇でも取ってろ、なんていわれることは日常茶飯事です。『(ネトウヨ活動を)俺たちは男だから本気でやっている、女たちはチャラチャラして遊びでやっている』という思い込みでもあるのでは。ネットに投稿するとき、基本的には性別を明らかにしません。いやなことを言われることが多すぎる。女性というだけで、まともに議論に参加させてもらえることが少ない。とはいえ実生活で韓国人や中国人を罵るとさまざまなトラブルを招くので、それも難しい。活動の場がどんどん縮小されていく気がします」

 そして、韓流ファンから「嫌韓」に方向転換した佐伯幸恵さん(仮名・会社員・29歳)はネトウヨであるという自覚はあるが、日常生活でのネトウヨバレに怯える毎日だ。

「韓国ドラマにハマっていましたが、『アイリス』、『僕とスターの99日』に出ていた女優のキム・テヒが反日活動をしているというニュースがきっかけで韓国が嫌いになりました。韓国ドラマ、映画、K-POPすべてが嫌いですし、そういうものを追いかけている日本人に対しても印象は良くないです。ですが、友人たちの間でK-POPが流行していたとき、『韓国と日本とはこの先ずっと相容れない、彼らもどうせ日本のことは嫌いのはずだ、そんな韓国芸能人に肩入れするのはやめたほうがいい』などと話したことがあるのですが、そのときはこちらが疎外されてしまうような雰囲気になってしまいました。こういう一般人の意識は変革していかなければならない、と思う反面、身近な人から疎外されるのはやはり困るので、適当に話を合わせることにしています。できるだけネトウヨだと思われたくないので」

 ネトウヨとしての主張は通したいが、友人や身近な人の輪からは外れたくない……とりわけ横並び意識が強いと言われる女性ならではの悩みか。

 さらには和をもって尊しとする「日本人の精神」が、皮肉にもネトウヨ活動の妨げとなっていると言えるのだろうか……

 ともあれ、”保守系女子”に立ちはだかるハードルは多いようである。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

― “保守系女性活動家”が語る【1】 ―

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中