腐った月餅の餡だけ消毒して再利用――驚愕の中国「毒」食品

 PM2.5に鳥インフルエンザと、中国の汚染物質や毒食品についての報道が連日メディアを賑わせている。

 4/16発売の週刊SPA!「[中国毒食品]の死に至る恐怖」では、中国民ものけぞる中国国内の毒食品騒動と、日本の輸入検疫の無策っぷりについて報じている。

 特に、中国国内の毒食品関連ニュースは、一週間の間だけでこれだけのラインナップである。

●4月5日 黄浦江の豚大量遺棄で、豚の死体が、養鴨場の餌として再利用!
●4月6日 賞味期限内の牛乳を飲んだら、腐敗し、中身はヨーグルトに!
●4月7日 食用ひまわりの種「洽洽香瓜子」から幼虫。その数なんと30匹!
●4月8日 床に肉を放置する串焼き肉の闇工場。薬品まみれで犬も食べず
●4月9日 三全食品の魚豆腐、賞味期限内でもカビが生えて緑色に変色
●4月9日 闇工場の「豚血」。大量のホルムアルデヒド混入。食べると白血病に
●4月10日 ミネラルウォター「農夫山水」の衛生基準は水道水以下だった!

中国 毒 食品 食の安全

もはや月餅だかなんだかわからなくなったシロモノから餡を抜いて薬品で殺菌・消毒。「殺菌消毒」する分、良心的!?(なわけない)

 同記事の中では他にも中国国内で問題化した凄まじい毒食品事件を紹介しているが、昨年9月に摘発された広東省東莞市の月餅の闇工場もそのひとつ。

 月餅は中秋節(旧暦8月15日)に贈答品として利用されるが、この工場では、なんと1年前の餡を再利用していたという。腐ってカビだらけになった月餅から餡を抜き、薬品を加えて殺菌・消毒して再び月餅を創りあげていたのだとか。現場には悪臭が立ち込め、調理油の鍋には死んだネズミが浮いていたという。中国では、経済成長とともに贈答品としての月餅の需要が急増しており、ひと儲けしようと、悪徳業者が跋扈していると’12年9月26日付の中国紙「大粤網」が報じている。

 なんとも恐ろしい中国「毒」食品。中国はTPPには参加しないとはいえ、TPPで要求される通関24時間体制化などで深刻な人材不足に陥った場合、検疫が手薄になってしまう恐れもあるという。中国産食品の安全が回復するまでは我が身は自分で守る他ないのだろうか……。 <文/週刊SPA!編集部>

中国「猛毒食品」に殺される

百貨店、ホテルからスーパー、ファーストフードまで!「偽装中国産」のカラクリを暴く!


週刊SPA!4/23号(4/16発売)

表紙の人/菊地亜美

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中