丸岡いずみ、うつとの壮絶な闘いを語る

丸岡いずみ

丸岡いずみ

 日本テレビの報道記者、キャスターとして活躍し、その美貌が「奇跡の38歳」と話題を呼んだ丸岡いずみ。突然テレビから姿を消してさまざまな憶測を呼んだが、実際はうつ病が原因で休職し、壮絶な闘病生活を乗り越えていた。

「本当に『生き地獄』という言葉がぴったりでした。『自分は罪深い人間だ』と自分を責めるのは典型的なうつの症状のひとつなのですが、それが24時間ですからね。例えば、『自分の都合で取材相手に接してきてしまった。自分がうつのときに、カメラを回されたらどう思うだろう』なんて。ほかにも、子供の頃のことなど、ほんの小さな出来事を思い出しては、自分を責める材料にしていくんです。それに、ご飯をまともに食べられないので体力が落ちてしまって、実家の階段の上り下りもできず。床にお尻をついたまま、這うようにして移動していましたね。身なりもグレーのジャージばかり着ていて、髪もボサボサ。被害妄想がひどくなって、『母親にヒ素を盛られた』といった疑念に取り憑かれたりしていました」

 そんな壮絶な経験を乗り越えた彼女だが、うつ病体験記を書くことで「頭の中が整理されて、憑きものが落ちたみたいな感覚」になったという。

「とにかく洗いざらい書こうと思ったんです。全部さらけ出すことで、読者が何かを掴み取ってくれたら、それが一番嬉しいこと。それができたのも、一回、うつになって、マイナスまで落ち込んだからでもありますね。もう怖いものはないみたいな感じで、不思議とオープンになりました」

 11/5発売の週刊SPA!「エッジな人々」では、丸岡氏がうつ病になったきっかけから、さらに過酷な闘病生活について大いに語っている。ぜひ、ご確認いただきたい。

<本誌構成/江沢 洋 撮影/佃 太平 再構成/SPA!編集部>

仕事休んでうつ地獄に行ってきた

毎日をがんばる すべての女性に読んでほしい一冊

週刊SPA!11/12号(11/5発売)

表紙の人/ももいろクローバーZ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中